このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20071025-2
事例作成日
(Creation date)
2007年10月25日登録日時
(Registration date)
2007年10月25日 14時17分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 12時33分
質問
(Question)
数学の難問「ポアンカレ予想」が解決されたそうだが,そのことについて知りたい。
回答
(Answer)
下記の情報がわかった。

図書
『ポアンカレ予想を解いた数学者』 ドナル・オシア著 ; 糸川洋訳 日経BP社,日経BP出版センター (発売) , 2007 ISBN:9784822283223

『ポアンカレ予想 : 世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者』 ジョージ・G. スピーロ著 ; 鍛原多惠子 [ほか] 訳 早川書房, 2007 ISBN:9784152088857

『トポロジカル宇宙 : ポアンカレ予想解決への道』 根上生也著 完全版 日本評論社, 2007 ISBN: 9784535784949
 

雑誌 
[40015311985]小島,定吉
3次元トポロジーはこれでもうおしまい? ポアンカレ予想は解決!
パリティ 22(4),17~23,2007/4(ISSN 09114815) (丸善)

数学セミナー 増刊 『解決!ポアンカレ予想』 2007/1

[40006492291]小島,定吉
ポアンカレ予想と20世紀トポロジーの進展
数学セミナー 43(12) (通号 519),46~50,2004/12(ISSN 03864960) (日本評論社)

[40006391014]コリンズ,G. P.
数学 ついに証明された? ポアンカレ予想
日経サイエンス 34(10) (通号 396),60~69,2004/10(ISSN 0917009X) (日経サイエンス 〔編〕/日経サイエンス)

[40005879009]山下,純一
ポアンカレ予想--その解決報道の歩み
数学セミナー 42(8) (通号 503),4~6,2003/8(ISSN 03864960) (日本評論社)


ポアンカレ予想 
http://kyokan.ms.u-tokyo.ac.jp/users/kokaikoz/milnor-j.pdf  (2007/10/25確認)

100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~ (NHKスペシャル)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071022.html  (2007/10/25確認)

朝日新聞 2006年8月23日 朝刊 2面 時時刻刻
ロシアの数学者グレゴリー・ペレルマンによって証明された。
2006年,ペレルマンは数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞に選ばれたが,受賞を辞退した。
回答プロセス
(Answering process)
OPAC,Webcat Plus,CiNii,Googleで検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
位相数学  (415 9版)
参考資料
(Reference materials)
Webcat Plus 
http://webcatplus.nii.ac.jp/  (2010/06/21確認)
CiNii 
http://ci.nii.ac.jp/  (2007/10/25確認)
ポアンカレ予想 『ウィキペディア(Wikipedia)』 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E4%BA%88%E6%83%B3  (2007/10/25確認) 
キーワード
(Keywords)
ペレルマン
ペレリマン
フィールズ賞
Perelman, Grigori Yakovlevich
Poincare, Henri Jules
Poincare conjecture
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000038416解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!