このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227217
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17021515583792
事例作成日
(Creation date)
2017/03/07登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
方位磁石はなぜ北を向くのか。
回答
(Answer)
①には、地球は北極をS極、南極をN極とする磁石であり、地球の磁力を示すものを地磁気という。方位磁石は地磁気を利用したもので、磁石は自由に動くようにしておくと必ず南北を差し示すため、方位磁石を使うと方角を知ることができるとある。

②では、地球内部は液体の鉄が流動しているため、磁力が生じている。すなわち、地球は大きな磁石になっていることを前提とし、方位磁石が北を向く理由が説明されている。地球を包むようにしてある磁場を地磁気と呼び、地球どこでも北をさすことから航海の時に方角を知る羅針盤として利用されていたとある。イラストで地球の磁場が説明されている。

③によると、地球は大きな磁石と題し、なぜN極が北を、S極が南をさそうとするのかという理由に対し、地球の北極をS極、南をN極とした大きな磁石だからと書かれている。地球上では、地球の磁力線の影響で方位磁針のN極は北極のS極にひきつけられて北を向き、S極は南極のN極にひきつけられて南を向こうとするとある。また、針の磁力が弱くなったら、N極に磁石のS極を合わせると磁力が戻ることも紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
研究法.指導法.科学教育  (407 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『磁石の大研究』 PHP研究所,2011,63p. 参照はp.14-16.
②杵島正洋『これならわかる!科学の基礎のキソ 地球』 丸善出版,2014,47p. 参照はp.23-25.
③石井雅幸『道具のつかい方事典』 岩崎書店,2001,175p. 参照はp.32-33.
キーワード
(Keywords)
方位磁石
方位磁針
地磁気
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017021515565583792
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000227217解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!