このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B171015163718
事例作成日
(Creation date)
2017/10/27登録日時
(Registration date)
2017年11月16日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年11月17日 10時20分
質問
(Question)
物理学者のファラデー(Michael Faraday)が多数講演を行ったことで知られる講演会、「金曜講演(The Friday Evening Discourses)」の過去の講演者名や演題などが知りたいです。どのような資料を調べればよいでしょうか。
回答
(Answer)
ご照会の「金曜講演」について当館所蔵資料を調査したところ、英国のロイヤル・インスティテューション(The Royal Institution)が1825年から開催している講演会のようです。

この開催団体である「The Royal Institution」や講演会名である「The Friday Evening Discourses」などのキーワードを用いてロイヤル・インスティテューションが刊行した資料を調査したところ、当館所蔵資料1が見つかりました。資料1では金曜講演と思われる講演の抄録または一覧を掲載しており、講演者名、演題、日付を確認できましたので、ご紹介します。

また、米国の大学図書館等によって構成される共同リポジトリ、HathiTrust Digital Library( https://www.hathitrust.org/ )には、ロイヤル・インスティテューションが刊行した資料2および資料3が収録されており、一部の年代については全文を閲覧することができました。
資料2では金曜講演の講演者名、演題、日付と思われる記述が確認できたほか、資料3では、金曜講演であるかは不明ですが、ロイヤル・インスティテューションで開催された講演の抄録を掲載しており、目次にて講演者名、演題、日付を確認できましたので、併せてご紹介します。

資料1
資料種別:雑誌
国立国会図書館請求記号:Z53-P30
タイトル:Proceedings of the Royal Institution of Great Britain.
出版事項:London : Royal Institution of Great Britain.
形態/付属資料:v.
注記:Description based on the latest issue.
刊行頻度:annual
ISSN:0035-8959
本文の言語:eng
刊行状態:u : 刊行状態不明
所蔵情報:36(3):1957 - 65:1994 (Library lacks: 36(4)-38(3),48-53)

金曜講演と思われる講演の抄録を掲載しており、抄録の本文中で講演者名、演題、日付を確認できます。また、巻号「54:1983」から巻号「65:1994」では、各巻の刊行年の直近約2年分の金曜講演の講演者名、演題、日付を一覧にまとめています。

資料2
Title:List of the members, officers, and professors, [etc.]
Corporate Author:Royal Institution of Great Britain.
Language(s):English
Published:London.
Viewability:Full view 1849-53
Full view 1859-63
URL: https://catalog.hathitrust.org/Record/100387090

「DISCOURSES DELIVERED AT THE WEEKLY EVENING MEETINGS IN *」(*には該当する年が入ります。)との項があり、金曜講演と思われる講演の講演者名、演題および日付(曜日として「Friday」との記述があります。)を掲載しています。

※HathiTrust Digital Libraryでは、1849年から1853年までおよび1859年から1863年までの各年の巻の全文を閲覧することができます。

資料3
Title:Notices of the proceedings at the meetings of the members of the Royal Institution, with abstracts of the discourses.
New Title:Proceedings of the Royal Institution of Great Britain
Corporate Author:Royal Institution of Great Britain.
Language(s):English
Published:London : W. Nicol, Printer to the Royal Institution, 1854-[1929]
Physical Description:25 v. ; 22 cm.
Viewability:Full view v.1 1851-1854
Full view v.2 1854-1858
  Full view v.3 1858-1862
  Full view v.4 1862-1866
  Full view v.5 1866-1869
  Full view v.6 1870-1872
  Full view v.7 1873-1875
URL: https://catalog.hathitrust.org/Record/003875170

目次である「CONTENTS」の項に、ロイヤル・インスティテューションで開催された講演の講演者名、演題、日付を掲載しています。

※HathiTrust Digital Libraryでは、v.1からv.7までの各巻の全文を閲覧することができます。なお、資料3の「New Title」の項にある"Proceedings of the Royal Institution of Great Britain"は資料1のことを指すと思われ、資料1は資料3の継続後誌であるようです。


[調査済み資料およびデータベース]

【 】内は当館請求記号です。
末尾に*が付いている資料は、国立国会図書館デジタルコレクション( http://dl.ndl.go.jp/ )国立国会図書館内限定公開資料です。

・柴田和子 著. 科学史・科学論 = The Historical and Philosophical Study of Science : 科学技術の本質を考える : 科学を理解して活かすために : 知の価値に目覚めて人間の尊厳を再認識するために. 共立出版, 2014.4 【M31-L11】
・小山慶太 著. 科学史人物事典 : 150のエピソードが語る天才たち. 中央公論新社, 2013.2 【M31-L4】
・平田寛 著. 図説科学・技術の歴史 : ピラミッドから進化論まで : 前約3400年-1900年頃. 新装版. 朝倉書店, 2006.1 【M31-H44】
・島尾永康 著. ファラデー : 王立研究所と孤独な科学者. 岩波書店, 2000.3 【GK433-G10】
・マイケル・ハンター 著 ; 大野誠 訳. イギリス科学革命 : 王政復古期の科学と社会. 南窓社, 1999.3 【M37-G31】
・Isaac Asimov [著] ; 小山慶太, 輪湖博 共訳. アイザック・アシモフの科学と発見の年表. 丸善, 1996.3 【M31-G7】
・井上勝也 著. 新ファラデー伝 : 19世紀科学は何を教えているか. 研成社, 1995.10 【GK433-G1】
・ジョン, M.トーマス 著 ; 千原秀昭, 黒田玲子 訳. マイケル・ファラデー : 天才科学者の軌跡. 東京化学同人, 1994.12 【GK433-E11】
・小山慶太 著. ファラデーが生きたイギリス. 日本評論社, 1993.12 【GK433-E10】
・Alexander Hellemans, Bryan Bunch [著] ; 植村美佐子 [ほか]編訳. Maruzen科学年表 : 知の5000年史. 丸善, 1993.3 【M2-E117】
・伊東俊太郎, 村上陽一郎 共編. 講座科学史. 1 (西欧科学史の位相). 培風館, 1989.9 【M31-E20】
・D.S.L.カードウェル [著] ; 宮下晋吉, 和田武 編訳. 科学の社会史 : イギリスにおける科学の組織化. 昭和堂, 1989.5 【M37-E23】
・Social change and scientific organization : the Royal Institution, 1799-1844 / Morris Berman. Cornell University Press, 1978 【M37-135】

・井上 勝也. イギリス王立研究所200年の栄光. 化学と工業. 52(12) 1999.12 pp.1480-1484 (30-32コマ目) 【Z17-65】*
・松本 三和夫. 産業社会における科学の専門職業化の構造--19世紀英国科学制度史を事例として. 思想. (通号 713) 1983.11 pp.80-97 (42-50コマ目) 【Z23-90】*
・平田 寛. 初期の王立研究所--「科学の考古学」の一素材として. 自然 / 中央公論社 [編]. 34(2) 1979.2 pp.76-89 (40-47コマ目) 【Z14-211】*

・NDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ ( http://iss.ndl.go.jp/
・国立国会図書館デジタルコレクション ( http://dl.ndl.go.jp/
・ScienceDirect [当館契約データベース]
・ProQuest Central [当館契約データベース]
・EBSCOhost [当館契約データベース]
・Springer eReference Works [当館契約データベース]
・ジャパンナレッジLib [当館契約データベース]
・CiNii Books ( http://ci.nii.ac.jp/books/
・Library of Congress Online Catalog ( https://catalog.loc.gov/
・Explore the British Library ( http://explore.bl.uk/
・Copac ( http://copac.ac.uk/
・HathiTrust Digital Library ( https://www.hathitrust.org/
・Internet Archive ( https://archive.org/
・Europeana collections ( https://www.europeana.eu/portal/en
・ロイヤル・インスティテューション(The Royal Institution) ホームページ ( http://www.rigb.org/

インターネットの最終アクセス日は2017年10月21日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・『ファラデー : 王立研究所と孤独な科学者』(島尾永康 著. 岩波書店, 2000.3)
・『マイケル・ファラデー : 天才科学者の軌跡』(ジョン, M.トーマス 著 ; 千原秀昭, 黒田玲子 訳. 東京化学同人, 1994.12)
・『The Royal Institution : an informal history』(Gwendy Caroe, with a final chapter by Alban Caroe. J. Murray, 1985)
NDC
科学史.事情  (402)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ロイヤル・インスティテューション(The Royal Institution)
金曜講演(The Friday Evening Discourses)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000224989解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!