このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2007-11-01
事例作成日
(Creation date)
2007年11月04日登録日時
(Registration date)
2013年08月11日 14時50分更新日時
(Last update)
2013年08月16日 09時39分
質問
(Question)
戦争の時、松江に「101航空教育隊」という部隊があったと聞いた。どこにあって、どのような施設であったか知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下の資料を紹介。
資料1:p11-20「第九航空教育隊の歴史」によると、第九航空教育隊は昭和13年9月に満州にて誕生、宮崎・松江時代は「西部第101部隊」と呼ばれた。昭和16年にチチハルから内地移駐となり、昭和19年2月に松江移駐となる。
教育内容はp21-22「第九航空教育隊の教育」によると、入隊してくる初年兵に「並業」「特業」を半年間の基本教育を施して、飛行場大隊などの部隊へ送り込むことが主眼とされた。「並業」は陸軍軍人としての一般的心得・航空教育隊として歩兵の小隊教練程度の教育が行われ、「特業」では各専門分野(電機・機関など)の技術取得が行われ、「工手」を養成した。
部隊のあった場所は、隊員の想い出(手記)に「松江市古志ヶ原町」と出てくるので、当時歩兵第63連隊のあった松江市古志原町のことと思われる。巻頭の写真にも、現在の松江工業高校に残っていた兵舎等の写真が載っていた。
資料2:p846(郷土部隊年表)の昭和18年12月17日に、古志原兵営土地建物等は浜田歩兵第21連隊補充隊に移管し、歩兵部隊の常駐を終える(第9航空教育隊移駐の予定)とあったので、歩兵63連隊が松江市古志原の兵舎を出た後に、101航空教育隊が入営したことがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
空軍  (398 8版)
国防史.事情.軍事史.事情  (392 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】101会回想録編集委員会/編. 第九航空教育隊の想い出. 101会回想録編集委員会, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000518630-00  (当館請求記号 (書庫)093.9/66 ※貸出禁止資料)
【資料2】歩兵第63聯隊史編纂委員 編. 歩兵第六十三聯隊史. 歩兵第63聯隊史刊行委員会, 1974.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001213765-00  (当館請求記号 093.9/19 ※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000135270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!