このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR13030115
事例作成日
(Creation date)
2013/5/29登録日時
(Registration date)
2013年12月31日 19時49分更新日時
(Last update)
2014年05月28日 17時42分
質問
(Question)
明治10年ごろ陸軍では漢方医と西洋医をどちらを採用するかで争いが起こった。その争いについて調べたい。雑誌『軍事史学』に関連記事はあるか?
回答
(Answer)
『軍事史学 26(1)』, p24-39, 1990-06
西岡 香織「日本陸軍における軍医制度の成立」
漢方医と西洋医についての記述があります。

『軍事史学 46(2)』, p.27-45, 2010-09
熊谷 光久「明治期陸軍軍医の養成・補充制度 (特集軍事と衛生) 」
明治期陸軍軍医の養成について書かれていますが、漢方医と西洋医の争いについての記述はありませんでした。

『くすりの歴史』(岡崎寛蔵/[著] 講談社 1976)
p.224-229「漢方の衰滅と復興」の説明があります。軍医に限らず一般医師についての記述になります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
軍事医学.兵食  (394 8版)
参考資料
(Reference materials)
『軍事史学 26(1)』(軍事史学会/編集 錦正社) 1990-06 (24-39)
『軍事史学 46(2)』(軍事史学会/編集 錦正社) 2010-09 (27-45)
『くすりの歴史』(岡崎寛蔵/[著] 講談社 1976) (224-229)
キーワード
(Keywords)
陸軍 軍事史学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000142919解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!