このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000262668
提供館
(Library)
福岡市総合図書館 (2210003)管理番号
(Control number)
2019.10-6
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2019年10月16日 16時27分更新日時
(Last update)
2019年11月14日 15時22分
質問
(Question)
大伴旅人が催した梅花の宴の時の服装が知りたい。宴の席にいた遊行女婦(あそびめ、うかれめ)の服装も併せて知りたい。
回答
(Answer)
■質問者は「大伴旅人に限らず、当時(奈良時代)の宴の時の服装が分かる資料があればよい。」とのこと。質問者より、当時の梅花の宴の様子を伝える博多人形(大宰府展示館所蔵)の写真が提示され、「この人形を作るのに参考にしたような資料を探したい。」とのことだった。インターネットや文献を見ると、大伴旅人は武官であり、博多人形の服装も武官の朝服姿と酷似していることから、武官朝服について重点的に調査。また、遊行女婦も博多人形では、おそらく女官の朝服姿を参考にして作られているように見える。

・奈良時代の服飾について記載がある資料を調査。
『原色日本服飾史』(井筒 雅風/著 光琳社出版 1982.7)
 p30~31「武官朝服」
『日本服飾史 男性編』(井筒 雅風/著 光村推古書院 2015.4)
 p38~39「武官朝服」
『日本の髪形』(南 ちゑ/著・結髪 紫紅社 1981.12)
 p4~5「双髻 そうけい」、p6~7「高髻 こうけい」
『日本の服飾美術』(東京国立博物館/編 東京美術出版局 1965.3)
 口絵「女子の朝服」、p21「武官の朝服」「女子の朝服」
『日本服飾美術史 ㊤』(渡辺 素舟/著 雄山閣 1973)
 p94「図-71朝服」、p97「図-72女子盛装」
『服装の歴史』(高田 倭男/著 中央公論社 1995.3)
 p49~55「養老衣服令―男子」、p56~60「養老衣服令―女子」
『万葉集の服飾文化 ㊤』(小川 安朗/著 六興出版 1986.6)
 p18「第三期」、p21~22「第三期」
『万葉集の服飾文化 ㊦』(小川 安朗/著 六興出版 1986.7)
 口絵「鳥毛立女屏風」、p20
『日本の服飾』(河鰭 実英/著 保育社 1980)
 p12「奈良時代の朝服姿」、p13「女子朝服姿」、p114~115
『日本服飾史』(谷田 閲次/共著 小池 三枝/共著 光生館 1989.1)
 p32~
『日本服装史』(佐藤 泰子/著 建帛社 1992.3)
 p32~40
『概説日本服飾史』(小池 三枝/共著 野口 ひろみ/共著 光生館 2000.3)
 p24~25「表2-3養老の衣服令」、p28

・遊行女婦について記載がある資料を調査。
『日本生活史辞典』(木村 茂光/編 安田 常雄/編 吉川弘文館 2016.11)
 p665「ゆうじょ 遊女」
『古代・中世の芸能と買売春』(服藤 早苗/著 明石書店 2012.9)
 p12~27「第一節『万葉集』と遊行女婦」
『古代服飾の諸相』(舘野 和己/編 岩崎 雅美/編 東方出版 2009.3)
 p134~135

・CiNiiで論文等を調査。
「『万葉集』に詠まれた7・8世紀の服飾」(管野絢子)p71
 (文化女子大学紀要. 服装学・造形学研究 37, 67-76, 2006-01-31)

・質問者は「朝服は今で言うとスーツ・制服のようなものだが、そのような服で宴を行うものだろうか」という疑問をお持ちでしたが、『古代・中世の芸能と買売春』に、当時の宴は公的な側面も強かったこと、「(中略)都からの官人たちは、その隔絶した地位を可視的に表明するためにも、公服を着したのではなかろうか。」等の記載があった。また、「『万葉集』に詠まれた7・8世紀の服飾」に「貴族が館で宴を開き、その席で庭の草木をめでながら手折って頭にかざすといった習慣があった」との記載があり、博多人形でも頭部に花飾りを付けている様子が表現されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
井筒雅風著 , 井筒, 雅風. 原色日本服飾史. 光琳社出版, 1982.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I002531280-00 , ISBN 4771300828
井筒雅風著 , 井筒, 雅風. 日本服飾史 : 風俗博物館所蔵 女性編,男性編. 光村推古書院, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I005042518-00
『日本の髪形』(南 ちゑ/著・結髪 紫紅社 1981.12)
東京国立博物館編 , 東京国立博物館. 日本の服飾美術. 東京美術, 1965.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I004352593-00
渡辺素舟 著 , 渡辺, 素舟, 1890-1986. 日本服飾美術史 上. 雄山閣, 1973.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001224780-00
高田倭男 著 , 高田, 倭男. 服装の歴史. 中央公論社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002416111-00 , ISBN 4120024199
小川安朗著 , 小川, 安朗. 万葉集の服飾文化 上,下. 六興出版, 1986. (ロッコウブックス,)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I007555126-00
河鰭 実英/著 , 河鰭‖実英. 日本の服飾. 保育社, 1980. (カラーブックス ; 308)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000177909-00
谷田閲次, 小池三枝 共著 , 谷田, 閲次, 1911-1998 , 小池, 三枝, 1936-. 日本服飾史. 光生館, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001962319-00 , ISBN 4332100379
佐藤泰子著 , 佐藤, 泰子. 日本服装史. 建帛社, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I004564089-00 , ISBN 4767910307
小池三枝, 野口ひろみ, 吉村佳子共著 , 小池, 三枝 , 野口, ひろみ , 吉村, 佳子. 概説日本服飾史. 光生館, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I009389367-00 , ISBN 9784332100447
木村茂光 [ほか] 編 , 木村, 茂光 , 安田, 常雄 , 白川部, 達夫 , 宮瀧, 交二. 日本生活史辞典. 吉川弘文館, 2016.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I000295110-00 , ISBN 9784642014762
服藤早苗著 , 服藤, 早苗. 古代・中世の芸能と買売春 : 遊行女婦 (うかれめ) から傾城 (けいせい) へ. 明石書店, 2012.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I011206006-00 , ISBN 9784750336664
舘野和己, 岩崎雅美編 , 舘野, 和己 , 岩崎, 雅美 , 水野, 夏子 , 馬場, まみ , 黄, 貞允 , 楢崎, 久美子 , 飯島, 礼子 , 岡松, 恵. 古代服飾の諸相. 東方出版, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I005297809-00 , ISBN 9784862491411
キーワード
(Keywords)
大伴旅人
梅花の宴
万葉集
奈良時代
遊行女婦
朝服
照会先
(Institution or person inquired for advice)
https://www.kotodazaifu.net/pavilion
大宰府展示館「模型「梅花の宴」(山村延燁作)」2019.10.16確認
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000262668解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!