このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259878
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001038489
事例作成日
(Creation date)
2019/05/09登録日時
(Registration date)
2019年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 00時30分
質問
(Question)
「酒壺の蛇」は日本の説話らしいが、内容を詳しく知りたい。資料があれば、教えてほしい。
回答
(Answer)
・『日本の酒文化総合辞典』(荻生待也/編著  柏書房 2005.11)
p.365 「酒壺の蛇」(さかつぼのへび)の項に「まさに「酒の罰が当たった」ケチな生臭坊主の話。『大語園』一〇六話に見える。」とあります。

巌谷小波編集の東洋説話を収録した『大語園』で確認しました。
・『大語園 4』(巌谷小波/編  平凡社 1935)
p.388-389 『今昔物語』から収録された説話とのことです。

・『新日本古典文学大系 36 今昔物語集 4』(佐竹昭広/[ほか]編集委員  岩波書店 1994.11)  
原文と脚注がありますが、出典は未詳とのことです。
p.170-173 巻第十九 本朝付仏法 「以仏物餅造酒見蛇語第二十一」(ぶつもつのもちひをもつてさけをつくりへみをみる

・『今昔物語集 3 本朝部 (東洋文庫)』(平凡社 東京 1967.8)
p.192-196 「仏物の餅で造った酒、蛇と見える語(こと)第二十一」現代語に訳されて、全文掲載されています。
「仏の供物を横領するのは、特別罪の重いものだ。夫婦の眼にたしかに蛇と見えてうごめいていたのは、実に不思議な驚くべきことである。されば、このような仏の供物は、むやみに一人でむさぼらずに、人にも与え、僧にも食べさせるべきである。」との教訓が記されています。

<国立国会図書館デジタルコレクション>
説話「酒壺の蛇」については、国立国会図書館/図書館送信参加館内公開の以下の児童向け資料でも確認できます。
『今昔物語 (少年少女のための国民文学 11)』 ID:000000830081  コマ番号:33-35
(2019年5月9日現在)

[事例]作成日:2019年5月9日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 10版)
衣住食の習俗  (383 10版)
参考資料
(Reference materials)
日本の酒文化総合辞典 荻生/待也∥編著 柏書房 2005.11 (365)
大語園 4 巌谷/小波∥編 平凡社 1935 (388-389)
新日本古典文学大系 36 佐竹/昭広∥[ほか]編集委員 岩波書店 1994.11 (170-173)
今昔物語集 3 平凡社 1967.8 (192-196)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259878解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!