このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000034821
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2007-04
事例作成日
(Creation date)
2007年04月01日登録日時
(Registration date)
2007年05月02日 11時15分更新日時
(Last update)
2019年10月20日 10時03分
質問
(Question)
日本でパンが本格的につくられたのはいつか?
回答
(Answer)
 『舶来事物起原事典』(富田仁・名著普及会・0314/1/89)によれば、パンという言葉はポルトガル語に由来する、すなわちパンが日本に渡来したのはポルトガル船の来航した天文年間(1537~55)とあります。が、ものと人間の文化史80『パン』(安達巌・法政大学出版局・ 3838/104/96)には、パンは西アジアのメソポタミアで栽培がはじまった小麦の加工食品であり、(厳密には)伝来は2000年前ということになるとあります。ともあれ、パンはワインと共にキリスト教の聖餐式になくてはならないものだったので、キリスト教の禁止により次第に日陰者扱いされていったと『パンの日本史』(安達巌・ジャパンタイムス・3838/61/89)には書かれています。
 日本のパンは長崎出島で、あるいは南蛮菓子として、今日考えるよりずっとマイナーな歴史を歩みましたが、本格的なパンづくりは幕末の外患(戦争)に備えておこなわれました(保存携行用)。1842年(天保13)4月 12日、江川太郎左衛門は試作品を焼きました(これにちなんで毎月12日はパンの日)。
 のち、文明開化とあいまってパンはメジャーな食べものとなりました。蛇足ですが、1875(明治8)には木村屋総本店が和洋折衷型のあんパンを発明しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
『舶来事物起原事典』(富田仁・名著普及会・1989年・0314/1/89)
ものと人間の文化史80『パン』(安達巌・法政大学出版局・ 1996年・3838/104/96)
『パンの日本史』(安達巌・ジャパンタイムス・1989年・3838/61/89)
キーワード
(Keywords)
パン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「パンの話」パン食普及協議会  http://www.panstory.jp/index.htm  (2014/4/23確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000034821解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!