このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129282
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M12091118363930
事例作成日
(Creation date)
2012/09/06登録日時
(Registration date)
2013年03月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
音訳者(音訳をする人)になるためには、具体的にどのようなトレーニングが有効か。
回答
(Answer)
『音訳マニュアル 音訳・調査編 改訂版』p.24-35には、音声表現の基礎として、ピッチ基礎練習や腹式呼吸、発声などのトレーニングが紹介されている。また、p.38-107には、「処理」や「調査」の仕方も説明されている。

『音訳指導マニュアル』p.46-59には、音声化技術の基礎として、呼吸・発声・調音(発音)・アクセント・ピッチのトレーニングについて、詳しく説明されている。具体的な練習例が多く紹介されている。

『新・朗読ボランティア考 日本語を声に出して奉仕する』p.72-102には、日本語の音声表現の基本として、発音や発声、アクセントについて詳しく説明されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
障害児教育[特別支援教育]  (378 9版)
参考資料
(Reference materials)
全国視覚障害者情報提供施設協会録音委員会音訳マニュアル<音訳・調査編>改訂プロジェクト委員会編集『音訳マニュアル 音訳・調査編 改訂版』 全国視覚障害者情報提供施設協会 大阪,2006,154p.参照はp.12-13.p.38-86.

全国視覚障害者情報提供施設協会録音委員会「音訳指導マニュアル」製作プロジェクト編集『音訳指導マニュアル』 全国視覚障害者情報提供施設協会 大阪,2010,165p.参照はp.46-59.

高橋 成男著『新・朗読ボランティア考 日本語を声に出して奉仕する』 新風舎 2005,151p.参照はp.72-102.
キーワード
(Keywords)
音訳
朗読ボランティア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2012091118362463930
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000129282解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!