このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243509
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-2128
事例作成日
(Creation date)
2018年10月08日登録日時
(Registration date)
2018年10月08日 15時53分更新日時
(Last update)
2018年10月23日 17時36分
質問
(Question)
「マーカス理論」「自力防犯理論」についてわかりやすい内容の資料や論文を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を案内。

「マーカス理論」について

①『犯罪学研究』(藤本 哲也/著、中央大学出版部、2006.11、326.3/フハ/)資料番号:129200358

②『犯罪学原論』(藤本 哲也/著、日本加除出版、2003.4、326.3/フハ/)資料番号:129121992

③『犯罪学への招待』(守山 正/著、西村 春夫/著、日本評論社、1999.5、326.3/モハ/)資料番号:121446967


「自力防犯理論」について
④『現代アメリカ犯罪学事典』(藤本 哲也/編、勁草書房、1991.8、326.3/フゲ/)資料番号:120315999

⑤『犯罪学の森』(藤本 哲也/著、中央大学出版部、2007.10、326.3/フハ/)資料番号:129268850

⑥『犯罪に強いまちづくりの理論と実践』(小宮 信夫/編著、イマジン出版、2015.4、368.6/コハ/)資料番号:123465387

論文やデータについてはCiNII(日本論文検索) http://ci.nii.ac.jp/ を案内。
回答プロセス
(Answering process)
・キーワード検索「マーカス理論」「自力防犯理論」にて全項目検索→該当なし。

・キーワード検索「犯罪学」にて全項目検索→該当資料を調査。

①『犯罪学研究』(藤本 哲也/著、中央大学出版部、2006.11、326.3/フハ/)資料番号:129200358
 ⇒p.63-p.94 日常活動理論について 記載あり
  p.65 犯罪活動の構造やターゲットの適合性について 記載あり

②『犯罪学原論』(藤本 哲也/著、日本加除出版、2003.4、326.3/フハ/)資料番号:129121992
 ⇒p.295-p.337 第9章 被害者を中心とする理論
  p.309-p.313 フェルソン(Marcus Felson)について 記載あり

③『犯罪学への招待』(守山 正/著、西村 春夫/著、日本評論社、1999.5、326.3/モハ/)資料番号:121446967
⇒p.52-p.57 現代犯罪学の奇才マーカス・フェルソンについて 記載あり

④『現代アメリカ犯罪学事典』(藤本 哲也/編、勁草書房、1991.8、326.3/フゲ/)資料番号:120315999
⇒p.377-p.381 防犯空間について 記載あり

⑤『犯罪学の森』(藤本 哲也/著、中央大学出版部、2007.10、326.3/フハ/)資料番号:129268850
⇒p.253 2、安全・安心を守る防犯活動と条例の制定について 記載あり

⑥『犯罪に強いまちづくりの理論と実践』(小宮 信夫/編著、イマジン出版、2015.4、368.6/コハ/)資料番号:123465387
⇒p.15-p.44 Ⅰ 安心・安全まちづくりの理論 犯罪機会論について 記載あり
  p.45-p.54 意識重視の「割れ窓理論」について 記載あり
  p.99-p.102 生活習慣防犯について 記載あり
  p.103   地域環境防犯について 記載あり


論文についてはCiNII(日本論文検索)にて「マーカス 犯罪」とキーワード入力し、検索すると5件該当。
・「現代社会における犯罪の減少」 フェルソン マーカス
  ⇒「警察製作研究= Police policy research」(19号、p,148-p.162、2016)

・「基調講演 現代社会における安全な地域社会』 フェルソン マーカス
  ⇒「社会安全・警察学 = Climinal justice and policing 」(2号、p.51-p.60、2015.12)

・「現代社会における犯罪の減少」 フェルソン マーカス
  ⇒「警察学論集」(68巻、6号、p.38-p.57、2015.6)

・「社会情勢の変化と犯罪率傾向 : ルーティーン・アクティビティ論」 コーエン ローレンス・E、フェルソン マーカス
  ⇒「研究論叢」(69号、p.245-p.271、2007)

「自力防犯」とキーワードを入力し、検索すると1件該当。
・「特定非営利活動法人日本防犯診断士協会理事長 中山天氏に聞く(上)自力防犯の考え方で教育を」 中山 天
  ⇒「週刊教育資料」(1194号、p.4-p.6、2012.2.6)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 8版)
社会病理  (368 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
マーカス理論
自力防犯理論
犯罪学
マーカス・フェルソン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
受付方法:メール、9/3
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000243509解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!