このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000207010
提供館
(Library)
大阪府立大学学術情報センター (3210008)管理番号
(Control number)
阪府大ー学情-H28ー11
事例作成日
(Creation date)
2016年12月15日登録日時
(Registration date)
2017年01月20日 12時45分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 17時41分
質問
(Question)
「相対的貧困」に関する記事が見たい
回答
(Answer)
1 案内した資料 
 (1)『平成21年 全国消費実態調査 資料編』(表27が該当すると思われる) 本学の経済経営法律系図書室所蔵
 (2)『平成26年 国民生活基礎調査』 本学に所蔵なし→大阪市立図書館所蔵

2 渡した資料
 (1) 『子ども・若者白書 / 内閣府編 平成27年度』 ←電子政府より参照
 (2) 『労働経済白書 / 厚生労働省編 平成28年版』  
 (3) 『貧困の概念 : 理解と応答のために / ポール・スピッカー著』
回答プロセス
(Answering process)
①最初は「CiNiiの使い方がわからない」ということだったので、その使い方を説明する。

②そうしているうちに「図書も調べたい」という話になったので、当館の蔵書検索にてキーワード「相対的貧困」で検索をしたところ、志賀信夫『貧困理論の再検討:相対的貧困から社会的排除へ』(法律文化社/2016)のみヒット。しかし、この図書がちょうど書架になかったため、その付近の類似資料を何冊かピックアップして案内した。

③それだけでは不十分だと思い、質問者に「統計」というキーワードを提案して、相対的貧困に関連した統計資料を薦めたところ、閲覧を希望されたので、NDLリサーチ・ナビにてキーワード「相対的貧困」で検索し、その中からいくつか資料を紹介した。
 NDLリサーチ・ナビ  http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
  トップページ>テーマ別データベース>目次データベース

④さらにe-Statで「相対的貧困」を検索してみると、『全国消費実態調査』『国民生活基礎調査』という文献がヒットした。
  e-Stat  https://www.e-stat.go.jp/
   トップページ>統計データを探す>データベースから探す

⑤そこで、④の所蔵先を調べたところ、次のような結果が得られたので、案内した。
  (1)『平成21年 全国消費実態調査 資料編』(表27が該当すると思われる) 本学の経済経営法律系図書室所蔵
  (2)『平成26年 国民生活基礎調査』 本学に所蔵なし→大阪市立図書館所蔵
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会病理  (368 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
相対的貧困
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
いくつか統計資料を提案、紹介したところ大変喜ばれたのが印象に残った
調査種別
(Type of search)
文献紹介 利用案内
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生 学生
登録番号
(Registration number)
1000207010解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!