このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000086910
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10050311156283
事例作成日
(Creation date)
2010/05/08登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 02時07分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
外国人犯罪の動向を掲載した資料があるか。
回答
(Answer)
『警察白書 平成21年版 特集:日常生活を脅かす犯罪への取組み』、『来日外国人犯罪の検挙状況(平成21年上半期)』には、外国人犯罪の全般的傾向として、来日外国人犯罪検挙件数が1990年の6,345人以来顕著な増加を示し、2005年の47,865人でピークをつけて以後減少しているものの、2008年時点で3万人台にあり依然として高水準であること、国籍等別検挙状況として、中国(台湾、香港等を除く)人の割合が高いこと等が記載されている。『外国人犯罪者 彼らは何を考えているのか 中公新書』は、全国5カ所の刑務所に服役中の犯罪者への調査をもとに、日本人と外国人の犯罪意識と行動を比較考察した資料である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会病理  (368 9版)
参考資料
(Reference materials)
警察庁編『警察白書 平成21年版 特集:日常生活を脅かす犯罪への取組み』ぎょうせい,2009,1冊.参照はp.124-135.(http://www.npa.go.jp/hakusyo/h21/index.html) 警察庁刑事局組織犯罪対策部国際捜査管理官『来日外国人犯罪の検挙状況(平成21年上半期)』警察庁刑事局組織犯罪対策部国際捜査管理官,2009,49p.(http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/kokusaisousa/kokusai7/21a/rainichi.pdf) 岩男寿美子『外国人犯罪者 彼らは何を考えているのか 中公新書』中央公論新社,2007,234p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010050311181956283
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000086910解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!