このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110580
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-053
事例作成日
(Creation date)
2011年5月20日登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 14時20分更新日時
(Last update)
2012年12月18日 12時01分
質問
(Question)
リバプールのマーティンズ銀行にある奴隷像の写真が載っている資料がほしい。
回答
(Answer)
所蔵資料では写真の載った資料は見つからなかった。
ウェブサイトで閲覧できる情報を紹介した。

《NHKオンライン》「NHK世界遺産 世界遺産ライブラリー」のイギリス〈海商都市リバプール〉の中に写真図版あり。( http://www.nhk.or.jp/  日本放送協会 2012/11/29 最終確認)
BBC作成Liverpool Local History
リバプールにおける奴隷貿易について論じている。奴隷貿易を彷彿させる建造物として彫刻が掲載されている。
「Liverpool Local History - American Connection - Slavery Trail」
http://www.bbc.co.uk/liverpool/localhistory/journey/american_connection/slavery/trail_waterfront.shtml  BBC 最終確認 2012/12/18)
Uclan(セントラルランカシャー大学)
「Martin's Bank, Liverpool - Martin's Bank - University of Central Lancashire」
http://www.uclan.ac.uk/schools/journalism_media_communication/literature_culture/abolition/martins_bank.php  Uclan 最終確認 2012/12/18)
リバプール保存トラスト
《Liverpool Preservation Trust》「Martins Bank and its Slave Trade Iconography」
http://liverpoolpreservationtrust.blogspot.com/2011/02/martins-bank-and-its-slave-trade.html  Liverpool Preservation Trust 最終確認 2012/12/18)
回答プロセス
(Answering process)
インターネット情報
《Google》を〈NHK & Liverpool & 奴隷〉で検索する。
「NHK世界遺産 世界遺産ライブラリー」のイギリス[海商都市リバプール]に図版を確認。

《Google》を〈Slavery & Liverpool & Martin's Bank〉で画像検索する。
「BBC - Liverpool Local History - American Connection - Slavery Trail」
「Martin's Bank, Liverpool - Martin's Bank - University of Central Lancashire」
「Liverpool Preservation Trust: Martins Bank and its Slave Trade Iconography」

調査済み資料は以下のとおり
社会科学
『奴隷貿易と産業革命』(徳島達朗著 杉山書店 1986)
『資本主義と奴隷制 ニグロ史とイギリス経済史』(エリック・ウィリアムズ著 中山毅訳 理論社 1987)
『人権百科事典』(エドワード・ローソン編 宮崎繁樹監訳 明石書店 2002)
『世界民族問題事典』(松原正毅編 平凡社 2002)
『イギリスにおけるマイノリティの表象』(浜井祐三子著 三元社 2004)
『内なる帝国・内なる他者 在英黒人の歴史』(平田雅博著 晃洋書房 2004)
『大英帝国の黒人』(ピーター・フライヤー著 日野壽憲訳 本の泉社 2007)

歴史・地理資料
『岩波講座世界歴史 15 商人と市場』(樺山紘一〔ほか〕編集 岩波書店 1999)
『岩波講座世界歴史 19 移動と移民』(樺山紘一〔ほか〕編集 岩波書店 1999)
『ラテンアメリカからの問いかけ ラス・カサス、植民地支配からグローバリゼーションまで』(西川長夫編 人文書院 2000)
『歴史の場 史跡・記念碑・記憶』(ミネルヴァ書房 2010)
『ヨーロッパ中世世界の動態像』(九州大学出版会 2004)
『イングランド社会史』(筑摩書房 2004)
『図説イギリスの歴史』(河出書房新社 2002)
『アフリカの歴史』(明石書店 2001)
『地球の歩き方 A 02(2010-2011年版) イギリス』(ダイヤモンド・ビッグ社 2010)
『英国』(ロンリープラネットの自由旅行ガイド)(デイビッド・エルス〔ほか著〕 メディアファクトリー 2008)
『るるぶイギリス』(日本交通公社出版事業局 2000)
『イギリスに学ぶ』(南雲堂フェニックス 1997)
『いぎりす物語』(講談社編 講談社 1990)
『イギリス』(ナショナルジオグラフィック海外旅行ガイド)(クリストファー・サマビル著 日経ナショナルジオグラフィック社 1999)
『イギリス歴史紀行』(中村勝己著 リブロポート 1991)
『パブの看板』(森護著 河出書房新社 1993)
『クオリティ・ブリテン 2000』(英国大使館広報部 2000)
『クオリティ・ブリテン ’99』(英国大使館広報部 1999)
『21世紀イギリス文化を知る事典』(出口保夫編 東京書籍 2009)
『英国の旅新しいスタイル』(集英社 1996)
『イギリスの旅 歴史を訪ねて』(田村秀夫著 三修社 1976)
『イギリス(世界・美術の旅ガイド 5)』(美術出版社 1997)
『英国』(ビジネスインデックス社 1987)
『英国物語』(三木淳著 グラフィック社 1990)
『図説地図で見るイギリスの歴史』(ジェレミー・ブラック著 原書房 2003) 
『英国文化の世紀 2 帝国社会の諸相』(松村昌家編 研究社出版 1996)
『英国文化の世紀 4 民衆の文化誌』(松村昌家編 研究社出版 1996)
『図説イギリスの歴史』(指昭博著 河出書房新社 2002)
『世紀末のイギリス』(出口保夫編 研究社出版 1996)
『図説〈英国史〉』(石川敏男訳・著 ニューカレントインターナショナル 1987)
『イギリス(読んで旅する世界の歴史と文化)』(新潮社 1992)
『世界の地理 図説大百科 7』(朝倉書店 1998)
『世界再発見 4 イギリス・中央ヨーロッパ』(同朋舎 1992)
『ワールド・ミステリー・ツアー13(thirteen) vol.5 イギリス篇』(同朋舎 1998)

外国語資料
『The Oxford illustrated history of Britain』(Kenneth O. Morgan/edited by Oxford Oxford University Press 1984)
『The English A social history 1066-1945』(Christopher Hibbert/[by] London Guild Publishing c1987)
『A shortened history of England Pelican books』(George Macaulay Trevelyan/by Harmondsworth Penguin Books 1959)
『Essays in English history Pelican books』(A.J.P. Taylor/[by] Harmondsworth Penguin Books 1976)
『Britain One island, three countries, endless options Lonely Planet』(David Else/[by] Footscray, Victoria, Lonely Planet 2003.5)
『Great Britain DK eyewitness travel guides』(Michael Leapman[et al.]/contributed by London Dorling Kindersley 2005)
『The making of the English landscape Pelican books』(W.G. Hoskins/[by] Harmondsworth Penguin Books 1970)
『Architecture』(Jonathan Glancey/by London Dorling Kindersley 2006)

【雑誌】
データベース《MAGAZINEPLUS》を〈リバプール & 奴隷〉で検索する。
「紹介 リバプールと奴隷貿易--海事博物館の取り組みを中心に」(『エコノミクス 第8巻第1号』p143-157 2003.8)
「リバプールと奴隷貿易(イギリス産業革命史の旅〔13〕) 「イギリス産業革命史の旅-13-リバプールと奴隷貿易」(『技術と人間 21(2)』p108-121 1992.2)
「アフリカ飢餓 もう一つの視点-奴隷貿易による過疎化が生んだアフリカ飢餓」(『潮 通号312』p274-283 1985.4)
事前調査事項
(Preliminary research)
『朝日百科世界の歴史』(朝日新聞社) 写真なし。
インターネット情報
個人ブログ 「カスガリアンザック」 ロンドン&リバプールの旅no.1
個人ブログ「イギリス旅行情報」 テレビ番組探検ロマン世界遺産リバプール
NDC
イギリス.英国  (233 9版)
経済史.事情.経済体制  (332 9版)
社会史.社会体制  (362 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
奴隷―イギリス
奴隷貿易―イギリス
歴史―イギリス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000110580解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!