このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000258200
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20190501-02
事例作成日
(Creation date)
2019年05月01日登録日時
(Registration date)
2019年07月02日 11時30分更新日時
(Last update)
2019年07月02日 11時30分
質問
(Question)
労働人口の推移の予測(男女別・年代(年齢)別・地域(日本・世界(アジア・北米など)別)を2030年まで(2040年・2050年もあれば)知りたい。
回答
(Answer)
①『データブック国際労働比較 2018』(労働政策研究・研修機構 2018)p.58に「生産年齢人口(15~64歳人口)」として2020年、2030年、2050年の主な国別の数値あり(男女別・年齢別はなし)。

②『人口の動向日本と世界:人口統計資料集 2019』(国立社会保障・人口問題研究所/編 厚生労働統計協会 2019)p.33に「世界の主要地域.年齢(3区分)別人口」として15~64歳、地域別の2050年、2100年の数値あり(男女別・年齢別はなし)。
また、p.139に「性.年齢(5歳階級)別労働力人口の将来推計」として、日本の男女別、年齢別の2020年、2030年の数値あり。

①p.58と②p.33の出典である国連(UN)のウェブサイト「World Population Prospects」( https://population.un.org/wpp/  2019.6.21確認)にアクセスしたところ、「population by age and sex」より 男女別・年齢(5歳階級)別・地域別で1950年~2100年までを5年毎に検索することができることがわかった。
地域を選び、労働人口として年齢は15~64歳を選択、2020年~2050年で検索したところ、結果は2020年、2025年、……2050年と表示された。人口の単位はthousands(千)。なお、地域はアジア・北米などの大州で検索でき、結果は大州の他、国名でも表示される。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000258200解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!