このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-17-031
事例作成日
(Creation date)
2017年06月08日登録日時
(Registration date)
2017年06月14日 12時51分更新日時
(Last update)
2017年06月16日 15時45分
質問
(Question)
戦後開拓において、長野県から福島県へ入植した人数について知りたい。
回答
(Answer)
 当館所蔵の『長野県農地改革史 後史』長野県農地改革史編纂委員会 長野県 1960 【N611/475/2】の第4部 第4章 開拓者に対する資金援助と営農 第2節 開拓地における営農p.344に、「第47表 県外入植戸数と送出先道府県名(昭和21年-同33年)」に記載があり、福島県へは、6戸が入植しているが、人数は不明。
 『長野県の開拓事業概要』長野県開拓課 長野県【N611/231】が、『長野県農地改革史 後史』の原資料と思われる。p.15-16に送出先道府県別の入植戸数の記載がある。県別の記載ではないが、入植後の状況も全体として5行ほどの記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
1 依頼館から『戦後開拓史(完結編)』戦後開拓史編纂委員会編 全国開拓農業協同組合連合会 1977 【611.2/86】を指定してきたので、こちらからあたるが記述はない。

2 『開拓十年』長野県開拓十周年記念事業実行委員会編 長野県干拓協会 1955 【N611/233】には、入植者が多かった道府県のみ記載があった。

3 原資料となる何らかの統計があると思われたため、『長野県統計書』『人口動態統計』『農業センサス』などを当該期間を中心に見ていくが、移動元と移動先が明示されている統計は確認できなかった。

4 職員に相談したところ、『長野県農地改革史 後史』を紹介された。福島県への入植戸数が確認できるが、人数の記載はない。この統計表の出典として「長野県の開拓事業概要」をあげているので、所蔵確認する。

5 『長野県の開拓事業概要』にも、同じ入植戸数の記載があった。


その他調査した資料
・『満州開拓史』満州開拓史刊行会編・刊 1966 【N334/139】
・『開拓・干拓総覧』農林省農地局開墾建設課監修 土地改良新聞社 1964 【611.2/196】
・『農地改革顛末概要』農地改革記録委員会編 農政調査会 1951 【611.2/4】
・『昭和農業技術発達史 1 農業動向編』農林水産省農林水産技術会議事務局編 農文協 1995 【610.12/ショ/1】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
予算.決算  (344 8版)
農業  (610 8版)
農業経済・行政・経営  (611 8版)
参考資料
(Reference materials)
長野県農地改革史編纂委員会 編. 長野県農地改革史 後史. 長野県, 1960.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I000757714-00  (【N611/475/2】p.344)
長野県開拓課/編 , 長野県 , 長野県. 長野県の開拓事業概要. 長野県.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059103578-00  (【N611/231】p.15-16)
キーワード
(Keywords)
戦後開拓
入植
開拓事業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000217276解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!