このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-257
事例作成日
(Creation date)
2013年02月03日登録日時
(Registration date)
2013年03月12日 16時17分更新日時
(Last update)
2013年06月04日 15時42分
質問
(Question)
文久2年(1862)の長州藩の石高と人口を知りたい。
回答
(Answer)

長州藩の表高(知行充行状や知行目録に書き載せられた禄高。実際の収入高とは相違した)は、慶長18年(1613)から変わらず36万9411石、実高は『国史大辞典 11』に宝暦年間(1751-1763)に「総石高70万9078石を得た。」また、『幕末の長州 維新志士出現の背景 中公新書 86』には「天保十一年(1840)には89万石余となり、明治初年には98万8千余石」との記述が見られた。
  
人口については、『藩政一覧』に「人口は6万463人」とあるが、『藩史大事典 6 中国・四国編』の「全領46万7132人(天保期) 出典:「防長風土注進案」」とは、大きなずれがある。『幕末の長州 維新志士出現の背景 中公新書 86』には明治政府に藩が届け出たものとして「明治元年(1868) 農商その他114,604戸 人口504,921人」との記述があるが、文久2年の数値は見つからなかった。

『藩史大事典 6 中国・四国編』(木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1990)
 p347-370「萩藩(別称長州藩)」の章あり。
 p353「藩主一覧」の〈毛利敬親〉(在任期間が天保8(1837)-明治2年)の項が該当。
 石高(表高)36万9411石(慶長期から変わらず)
 p349〈藩の居城〉の項に人口は 全領46万7132人(天保期) 出典:「防長風土注進案」 とあり。
 同じ頁に文久三年に山口藩と称するようになった旨の記述もあり。

『日本史籍協会叢書 173 藩制一覧』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1967)
 p360-363〈山口藩〉の項、p361「人口は6万463人」とあり。 

『国史大辞典 11』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1990)
 p490-493〈萩藩〉の項、「相談のうえ同十八年に総石高の70%にあたる36万9411石余を防長領国の石高として幕府へ報告した。これが毛利氏の表高(公称高)となり、明治維新に至るまで続いた。」「この検地(宝暦検地)は同13年5月に完了し、総石高70万9078石を得た。」

『藩史総覧』(新人物往来社 1977)
 p349-351〈長州藩〉の項あり。
「藩の表高(公称高)は、慶長15年に完了した藩内総検地により36万9411石余と確定し」

『幕末の長州 維新志士出現の背景 中公新書 86』(田中彰著 中央公論社 1983)
 p12-20〈長州藩のあらまし〉の項あり。
 p14「江戸時代のこの藩の表高は、36万9411石余、(略)幕末に下るにつれてこの藩の実高は増加し、天保十一年(1840)には89万石余となり、明治初年には98万8千余石で、表高の三倍に近い実高を持っていたのである。」
 p17「長州藩の農商人口」あり。「文政9年(1826) 農11万1675戸 商3400戸 人口45万0309人」「明治元年(1868) 農商その他11万4604戸 人口50万4921人」(維新政府に藩が届け出たもの)

回答プロセス
(Answering process)

回答資料以外の調査経過は次のとおり。
以下の資料には人口の記載なし
『新編物語藩史 9』(新人物往来社 1976)
 p345-396〈長州藩〉の項あり。
 p347に「藩の表高(公称高)は、慶長15年に完了した藩内総検地により36万9411石余と確定し、内高(実高)は、慶長年中約52万石であった。」とある。


『藩史事典』(藩史研究会編 秋田書店 1977)
 p435-438「萩藩(長州藩)」
 p436上段「…厳しい検地の結果、総石高52万余石を得た。幕府はこの検地高の約七割に当たる36万9千余石を、毛利氏の朱印高とした。」(検地は慶長13-15年)
『近世史ハンドブック』(児玉幸多〔ほか〕編 近藤出版社 1984)文献多数
 p108〈長州藩〉の項あり。
「毛利氏は、関ヶ原の役に西軍に属したため、周防・長門二カ国36万石の外様大名となり」とある。
『藩と城下町の事典 国別』(工藤寛正編 二木謙一監修 東京堂出版 2004)
 p519-523〈萩藩〉の項あり。
「厳しい検地の結果、総石高52万八千石余であった。幕府はこの検地高の約七割に当たる36万9千石余を萩藩の朱印高と確定した。」(検地は慶長13-15年)「宝暦十一年に慶長検地以来の本格的検地を実施し、この検地によって防長二ヵ国の総石高は約71万石(支藩領を除く)となり、4万石余の増徴となった。」

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
予算.決算  (344 9版)
日本史  (210 9版)
九州地方  (219 9版)
参考資料
(Reference materials)
『藩史大事典 6 中国・四国編』(木村礎〔ほか〕編 雄山閣出版 1990)
『日本史籍協会叢書 173 藩制一覧』(日本史籍協会編 東京大学出版会 1967)
『国史大辞典 11』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1990)
『藩史総覧』(新人物往来社 1977)
『幕末の長州 維新志士出現の背景 中公新書 86』(田中彰著 中央公論社 1983)
キーワード
(Keywords)
山口県-歴史-江戸時代
山口県-人口
長州藩
萩藩
山口藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000128779解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!