このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000263278
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 19-0011
事例作成日
(Creation date)
2018/04/18登録日時
(Registration date)
2019年11月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年11月01日 00時30分
質問
(Question)
経済史・財政学の分野において、定期的に斯界の研究成果の総括を行っている学会誌・紀要・その他定期刊行物などを探してほしい。

例えば、歴史学の分野では、「史学雑誌」が毎年5月号で「回顧と展望」という特集を組み、前年に発表された研究の中から、各時代・地域・国ごとに特筆に値するものをピックアップしている。
回答
(Answer)
「史学雑誌」については、史学会という学術団体が発行しているため、関係する学会と出版物について、学会名鑑のサイトで次をキーワードに検索した。刊行物について調査したが、「史学雑誌」のような、各時代・地域・国ごと研究成果の総括については記載されていなかった。

学会名鑑 ( https://gakkai.jst.go.jp/gakkai/ )(2018/4/26調査)
本サイトは、我が国における主要学術団体の各種データを収録・公開している。
掲載団体は、日本学術会議の活動に協力する「協力学術研究団体」(全2019学会、平成30年3月2日現在)。

キーワード「経済史」
①政治経済学・経済史学会
【設立趣旨】
本会は、政治経済学・経済史に関する研究及びその普及、並びにこれらの研究者の連絡協同を目的とする。
【刊行物】「歴史と経済」(当館所蔵あり) http://seikeisi.ssoj.info/smokuji/s205-208.html (2018/4/26調査)

②社会経済史学会
【設立趣旨】
昭和5年、経済史研究の隆盛に伴い、経済史研究者および周辺分野の研究者を組織し、相互の研究連絡、情報交換を活発に行うことにより、斯学の発展を期し、設立された
【刊行物】「社会経済史学」(81巻4号2016/2/25まで所蔵) http://sehs.ssoj.info/jp/contents/seh.html (2018/4/26調査)

キーワード「財政学」
③日本財政学会
【設立趣旨】
財政学の研究を深め、その成果を発表し、また会員相互の親睦を図ること
【刊行物】「日本財政学会叢書『財政研究』」 http://www.gakkai.ne.jp/jipf/research/ (2018/4/26調査)

また、『入門財政 第2版』(税務経理協会 2007)p.309財政学文献案内で専門論文の掲載雑誌として、「フィナンシャル・レビュー」( https://www.mof.go.jp/pri/publication/financial_review/index.htm )、「日本経済研究」( http://www.jcer.or.jp/academic_journal/jer/kensaku.html )などが紹介されているが俯瞰できるものではなかった。

参考までに、次のサイトも紹介。「日本」「東洋」「西洋」など独自の分類で論文等が集められている。
大阪経済大学「経済史文献解題データベース」 http://kaidai.osaka-ue.ac.jp/kaidai3/index.php
『経済史文献解題』は、主に日本で出版された社会経済史・経営史と関わりのある著書・論文の文献解題であり、数十名の研究者の協力を得て編集されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経済史.事情.経済体制  (332 7版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
経済史
財政学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000263278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!