このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252311
提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 17Q-29
事例作成日
(Creation date)
2018/1/17登録日時
(Registration date)
2019年02月28日 16時19分更新日時
(Last update)
2019年10月16日 16時20分
質問
(Question)
明治時代に大阪にあった会社の社史など。どんなものがあったか知りたい。
回答
(Answer)
明治に存在した大阪企業名が一覧で出てくるようなものはなありませんでした。

【本学所蔵ご紹介資料】
『明治大正昭和大阪人名録』 上巻(明治)
『大阪商業史料集成』
『日本人物情報大系・企業家編』

【その参考資料】
『企業の歴史 : 明治百年』
『大阪の研究』 どちらかというと明治に至る江戸時代後期が中心。

『上方の研究』 明治時代の経済人の研究が多い。
特に第4巻『大阪文化史論 ; 上方経営経済史論 ; 大阪ところどころ ; 大阪経済界の人々』は
経済人の詳述がある。また、鴻池については他の巻に詳述がある。住友も詳述あり。

この時代の経済的な研究の書は多くが宮本又次によるものであるので、
この著者の他文献も良いかもしれません。
「商工会議所」に関する所蔵資料には、名簿的なものはみつかりませんでした。

*商工会議所という名称は1892年(明治25年)からであり、
もともとは1878年(明治11年)に商法会議所として東京・大阪・神戸に発足したものであるようです。
その後、商業会議所との連合体としての形で商工会議所となった、とウィキペディアには記載があります。
商工会議所関連の文献は多数ありましたが、多くがその取引内容等の詳細で、
『~年史』のようなものがよいかと思います。
商工会議所関係で明治時代のものは、『月報(大阪商業会議所)』
⇒継続後誌『大阪商業会議所月報』、『統計年報(大阪商工会議所)』,
『大阪商業会議所年報【復刻版】』が本学書庫に所蔵がありますが、
『名鑑』以外は社名等も一部出てきますが全くの統計資料です。

ちなみに大阪の初代会頭は五大友厚であり、その人物は詳述された文献も多いと思わるので、
その中にもキーワードがあるかと思います。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
企業.経営  (335)
参考資料
(Reference materials)
明治大正昭和大阪人名録 上巻(明治). 日本図書センター, 1989., ISBN 4820520571 (当館請求記号 R*281.63*M2*1, 当館資料番号 203912349)
黒羽兵治郎編纂. 大阪商業史料集成. 大阪商科大學經濟研究所, 1934-1940. (当館請求記号 E*672.163*KU72*1-1~1-6, 当館資料番号 000418455~000330175)
キーワード
(Keywords)
大阪
企業
明治時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
クイックレファレンス
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学部生
登録番号
(Registration number)
1000252311解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!