このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000036328
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-005
事例作成日
(Creation date)
2007/03/29登録日時
(Registration date)
2007年08月02日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年08月17日 13時27分
質問
(Question)
警察の民事不関与(民事不介入)の原則について書かれた本、論文のリストが欲しい。
回答
(Answer)
質問に沿ったリスト等は見あたらなかったが、以下の雑誌論文、図書資料を紹介する。
「民事不介入」(『行政法の争点〈新版〉(ジュリスト増刊 法律の争点シリーズ9)』有斐閣 1990)
「市民の警察観と警察の市民観」(『文化評論』No.307)
「警察官の民事不介入と職務上の注意義務」(「警察関係基本判例解説100(別冊判例タイムズ9)」判例タイムズ 1985)p256-258(県立未所蔵)
「警察法2条の意義に関する若干の考察(1)」(『法学』Vol.52 No.5 東北大学 1988)
「警察法2条の意義に関する若干の考察(2)」(『法学』Vol.53 No.2 東北大学 1989)
「民事不介入」(『行政法の争点(ジュリスト増刊 法律の争点シリーズ9)』有斐閣 1980)
『警察法解説 新訂』(東京法令出版)『警察法』(信山社出版)『警察法 新版』(有斐閣)『警察権』(岩波書店)『警察権限読本』(警察時報社)『図解による法律用語辞典 補訂2版』(自由国民社)
『法律学小辞典 第4版』(有斐閣)
回答プロセス
(Answering process)
《NDL-OPAC(雑索)》を論題〈民事不介入〉で検索すると、18件ヒットする。その内の1件に「民事不介入の原則とは」(『This is 読売 8巻9号』1997)p28-29 があり、そこで取り上げられたキーワードが「警察法第二条第二項(警察の責務)」「警察権の限界」「警察公共の原則」だった。上記キーワードを元に《NDL-OPAC(雑索)》を再検索し、以下の論文を紹介する。
藤田宙靖「民事不介入」(『行政法の争点〈新版〉(ジュリスト増刊 法律の争点シリーズ9)』有斐閣1990)p240-241(*)
伊賀興一「市民の警察観と警察の市民観」(『文化評論』No.307)p72-81
田島優子「警察官の民事不介入と職務上の注意義務」(「警察関係基本判例解説100(別冊判例タイムズ9)」判例タイムズ 1985)p256-258(県立未所蔵)
藤田宙靖「警察法2条の意義に関する若干の考察(1)」(『法学』Vol.52 No.5 東北大学 1988)p1-29
藤田宙靖「警察法2条の意義に関する若干の考察(2)」(『法学』Vol.53 No.2 東北大学 1989)p77-106
その他、(*)の旧版として下記の資料があり。
菊井康郎「民事不介入」(『行政法の争点(ジュリスト増刊 法律の争点シリーズ9)』有斐閣 1980) p238-239
図書資料は、分類〈317.7〉「警察法」の棚を直接確認した。
『警察法解説 新訂』(東京法令出版 1973)p33-40に警察法第二条第二項〈警察の責務〉の解説あり。
『警察法』(宮田三郎 信山社出版 2002)「第三章 警察の責務および権限、第四章 警察作用の基本原則」に関連の記述あり。
『警察法 新版』(田上穣治 有斐閣 1983)「第二篇第一章第三節 警察権の限界に関する原則」に関連の記述あり。
『警察権』(戒能通孝 岩波書店 1960)p243-247「第四章第五説 イ 行政法学にいう『警察権の限界に関する原則』」に関連の記述あり。
『警察権限読本』(出射義夫 警察時報社 1966)p64-67「第一章第三節 第四警察裁量権の限界のニ 警察権の限界に関する原則」の項あり。
その他、参考図書で下記の資料を紹介する。
『図解による法律用語辞典 補訂2版』(自由国民社 2006)p968に「警察権の限界」に関する項目あり。
『法律学小辞典 第4版』(有斐閣 2004)p271-272に「警察権の限界」、p1147に「民事不介入」に関する項目あり。
以上を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 9版)
法学  (321 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図解による法律用語辞典 補訂2版』(自由国民社 2006)
『法律学小辞典 第4版』(有斐閣 2004)
キーワード
(Keywords)
警察法
警察
民事不介入
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000036328解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!