このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立図書館 (2110018)管理番号
(Control number)
相-160021
事例作成日
(Creation date)
2016年11月15日登録日時
(Registration date)
2017年01月12日 15時56分更新日時
(Last update)
2017年01月12日 15時56分
質問
(Question)
下記の資料149ページに、板垣退助が議会解散に際し党員を激励した発言が掲載されている。その典拠が知りたいのだが、どのような資料に当たればよいか。

『山中鹿介のすべて』(米原正義編、新人物往来社、1989、ISBN 4-404-01648-4)
回答
(Answer)
『山中鹿介のすべて』を調査したところ、質問の発言は「明治二十六年(一八九三)十二月、議会解散の前日」のものだとあるので、当館所蔵の次の資料について明治26年末頃の記述を確認したところ、該当の発言が掲載されていた。

『板垣退助君傳記 第3巻 (明治百年史叢書 第461巻)』宇田友猪著 公文豪校訂 原書房 2009
明治26年12月29日に、「此日自由党は神田錦輝館に忘年会を開き」、「君は大に之を激励するため一場の演説を試み、之を鞭策して最後の決心を震ひ起さしめた。その概要左の如し。」として、板垣退助が「山中鹿之助」について触れた演説を引用している。(p.1652(554)~1654(556))
引用の末尾には、典拠として「(『自由党々報』第五十三号)」とある。

なお、『自由党々報』は、当館で複製版を所蔵しており、第53号の内容を確認したところ、該当の発言は、p.19~20の「党報」の欄に「総理の演説(忘年会に於て)」として掲載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
まずは、利用者が示した資料にあたり、質問の発言がいつのものかを類推した。その日付に近い日時のものを、板垣退助の伝記から探し、該当する発言の引用文に当ったところ、典拠を確認することが出来た。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289)
政党.政治結社  (315)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000206235解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!