このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2015-19
事例作成日
(Creation date)
2015/03/05登録日時
(Registration date)
2015年07月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年07月25日 09時04分
質問
(Question)
日本新党の大綱と要綱の本文を読みたい。『殿様と36人のサムライ 日本新党365日の記録』(鮫島宗明著 実業之日本社 1994)収録の「日本新党関連年表」1992年12月16日に「日本新党政策大綱および要綱」の発表(p.219)と記載されている。
回答
(Answer)
日本新党の政策大綱は下記資料に収録されています。
【資料1】『日本政党史辞典 下 一八六八年~一九八九年』p.1397-1402
また、政策要綱は下記資料に収録されています。
【資料2】『「新党」全記録 第1巻 政治状況と政党』p.136-163
回答プロセス
(Answering process)
自館の蔵書検索で「日本新党」を全項目検索して下記資料を確認しましたが、見つかりませんでした。
『細川政権二百五十日の真実』(小沢鋭仁著 東京出版 1994)
『日本新党の末路 イメージ政党崩壊に日本国民が学ぶものとは』(山村明義著 サンドケー出版局 1994)
『日本新党変革の記録 国民は風、時代は海』(日本新党出版部編 サクセスマーケティング 1994)
『日本新党責任ある変革』(細川護煕編 東洋経済新報社 1993)
(以上、大綱・要綱の掲載がなかった資料)

続いて、リサーチ・ナビで検索しましたが、関連資料はヒットしませんでした。Google Booksで「“日本新党” 政策大綱」「“日本新党” 政策要綱」を検索して下記資料がヒットしました。
【資料2】『「新党」全記録 第1巻 政治状況と政党』
「資料3 日本新党・政策要綱」(1992年12月16日)p.136-163
次のような構成になっています。
はじめに
1.政治・行政システムの改革
1.1.政治の活性化
1.2.地方分権
2.政策課題
2.1.世界政策
2.2.国内政策
なお、同書「資料4 政策理念と基本課題」p.164-168は、下記の大綱と同じ構成の文章です。

自館の書架で315.1(政党-日本)付近をブラウジングして、下記資料に政策大綱を見つけました。
【資料1】『日本政党史辞典 下 一八六八年~一九八九年』
「日本新党 政策大綱」p.1397-1402
次のような構成になっています。
1. 政治の抜本的変革
2.新世界秩序の形成
3.新しい改憲論の提唱
4.6つの基本目標
(1)立法府の強化と政治行政改革
(2)生活者主権の確立
(3)地方分権の徹底と行財政改革の推進
(4)二一世紀のための教育改革
(5)世界平和への貢献と世界経済との協調
(6)地球環境問題への挑戦

なお、Webcat Plusで「日本新党」を検索して党の刊行物を探しましたが、いずれも当館では所蔵していませんでした。
雑誌『日本新党コムネット』創刊号-24号(日本新党)【国立国会図書館所蔵】
『日本新党基本政策 平成5年版』(日本新党事務局 1993)【東京農工大学図書館所蔵】
『政策理念と基本課題 平成5年版』(日本新党事務局 1993)【東京農工大学図書館所蔵】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
政党.政治結社  (315 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本政党史辞典 下 一八六八年~一九八九年』(村川一郎編著 国書刊行会 1998)(0105351692)
【資料2】『「新党」全記録 第1巻 政治状況と政党』(東大法・蒲島郁夫ゼミ編 木鐸社 1998)(1101625066)
キーワード
(Keywords)
政党(セイトウ)
日本新党(ニホンシントウ)
政策(セイサク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000177662解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!