このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000054777
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr176
事例作成日
(Creation date)
2008/10/10登録日時
(Registration date)
2009年05月13日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年05月13日 02時11分
質問
(Question)
江戸時代の佐野藩、烏山藩、喜連川藩、黒羽藩、大田原藩、足利藩、吹上藩の系図や分限帳、由緒書が見たい。
回答
(Answer)
藩主の系図については『藩史大事典』(木村礎/〔ほか〕編 雄山閣出版 1989)に各藩藩主の略系図が収録されています。また、藩主の変遷も表に分かりやすくまとまっています。
 
 その他分限帳(藩士の名簿)等については、栃木県史や各市町村が編纂した市町村史に収録されているものがあります。
 当館所蔵の県史および市町村史の中では、藩主系図や分限帳に類するものとして以下のものが見つかりました。
 
・『栃木県史 史料編10 近世4』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1975)
 p1-12 「一 大関家(黒羽藩)系図」
 p12-16 「二 大田原家(大田原藩)系図」
 p19-20 「三(2) 大久保家(烏山藩)系図」
 p20-24 「四 足利(喜連川)家(喜連川藩)系図」
 p32-39 「二 寛永十九年 家中分限帳」(黒羽藩)
 p39-44 「三 万治元年 家中分限帳」(黒羽藩)
 p44-54 「四 寛文年中 惣給人知行高ならびに所付帳」(黒羽藩)
 p222-229 「四 天保十年 烏山藩家中分限帳」
 p229-230 「五 安永八年八月 若林家由緒につき大石安右衛門書上」(烏山藩)
 p230-232 「六 年不詳 檜山家由緒書」(烏山藩)
 p279-282 「一五 文政十年 家中面扶持帳」(烏山藩)
 
・『栃木県史 史料編11 近世5』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1979)
 p1-3 「一 戸田家(足利藩)系譜」
 p3-4 「二 堀田家(佐野藩)系譜」
 
・『烏山町史』(烏山町史編集委員会/編 烏山町 1978)
 p172-177 一部の家臣名および略譜あり
 
・『喜連川町史 第三巻 資料編3 近世』(さくら市史編さん委員会/編 さくら市 2007)
 p116-120 「38 年月不詳 福原家元領地・家中人名調帳」
 p217-221 「62 年月不詳 喜連川義家家譜」
 p222-234 「63 年月不詳 足利家系譜」
 p279-293 「92 年月不詳 喜連川家臣家譜集」
 p293-298 「93 年月不詳 喜連川家分限帳」
 
・『喜連川町史 第五巻 資料編5 喜連川文書 上』(さくら市史編さん委員会/編 さくら市 2007)
 p113-127 「三 当家通リ系図  足利家通系図」
 
・『黒羽町史』(黒羽町誌編さん委員会/編 黒羽町 1982)
 p275    「1 天正拾八年 家中士名」
 p275-276 「2 元和九年 家中士名」
 p276-283 「3 寛永年中 分限帳」
 p283-289 「4 万治年中 分限帳」
 p293-302 「3 寛文年中 惣給人知行高所付」
 
・『近代足利市史 第3巻 史料編 原始・古代 中世近世』(足利市史編さん委員会/編 足利市 1979)
 p981-988 「一八三 文久三年六月 足利藩の藩政改革による藩士席順調」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国家の形態.政治体制  (313 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
分限帳
系図
佐野藩
烏山藩
喜連川藩
黒羽藩
大田原藩
足利藩
吹上藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000054777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!