このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000053734
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進08S-79
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年04月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2015年06月10日 14時17分
質問
(Question)
①対日占領機構の構成と、②最高責任者の名前が知りたい。
回答
(Answer)
GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)のことと思われる。
①構成は、『戦後史大事典』(210.7/0747)p.361に「GHQ組織図」が記載されている。
②最高責任者は連合国最高司令官、
1945年8月15日-1951年4月11日 : マッカーサー(Douglas MacArthur)
1951年4月11日-1952年4月28日 : リッジウェー(Matthew B. Ridgway)
回答プロセス
(Answering process)
対日占領機構はGHQのことだと思い、アメリカの組織図が載っている参考図書を探す。
『世界諸国の制度・組織・人事 1840-2000』(310.3/033)のアメリカの日本占領のページを見ると、GHQの組織名と最高責任者が載っていた。
組織図は載っていなかったので、他の参考図書を探してみる。
戦後のことなので、『戦後史大事典』(210.7/0747)でGHQの項目を見ると、GHQの組織図が載っており回答とする。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 7版)
戦争.戦略.戦術  (391 7版)
政治  (310 7版)
参考資料
(Reference materials)
①『戦後史大事典』佐々木毅[ほか]編/三省堂/2005/(210.7/0747) p.361 (AJ94318340)
②『世界諸国の制度・組織・人事 1840-2000』秦郁彦編/東京大学出版会/2001/(310.3/033) p.649-652 (AJ94274539)
キーワード
(Keywords)
対日占領機構
GHQ
日本占領管理機構
対日占領政策
マッカーサー
リッジウェー
Douglas MacArthur
Matthew B. Ridgway
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
*他のプロセス
「対日占領機構」では見つからず。
『日本大百科全書』(031/014/14)に「対日占領政策」の項目があり、連合国最高司令官総司令部(GHQ)が実施した政策で、最高決定機関は極東委員会であることが分かる。
自館OPACで「GHQ」で検索。『GHQ日本占領史』(329.6/0125)がヒットする。第1巻に日本占領管理機構全体の構成(p.3)とGHQの組織図(p.16)の記載がある。
またNDL-OPACのHPに「日本占領関係資料」の検索リンクがある。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
司書講習生
登録番号
(Registration number)
1000053734解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!