このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000127349
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR12020084
事例作成日
(Creation date)
2012/02/22登録日時
(Registration date)
2013年01月25日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年03月15日 18時57分
質問
(Question)
モンテズマキャッスルについて知りたい。
モンテズマキャッスルとはアメリカ アリゾナ州にある、アメリカ大陸先住民族の住居跡。
回答
(Answer)
『古代のアメリカ 図説世界文化地理大百科』(マイケル・コウ/ほか著 朝倉書店 1989.1)
p.69-70モンティーズマキャッスルの写真がある。
「この遺跡はモンティーズマキャッスル(モンテクソーマの城)とよばれているが、実際には城ではなく、またコルテスに殺されたメキシコ王とは何の関係もない。(中略)アリゾナ州中央部のヴァーデ河谷に位置している。この遺跡やその周辺の遺跡を建設したのはシナグアの名で知られる先史文化を担ったインティアンだった。(後略)」

p.70「ヴァーデ(ベルデ)河谷は、(中略)3つの大伝統を混ぜ合わせた混成文化を発達させた。この文化はシナグア文化とよばれ、後1100年以降繁栄期にはいった。(中略)繁栄の跡はツゥージグート遺跡やモンティーズマ・キャスル遺跡(スペイン人征服時のアステカ王国の王モンテクソマ城の意味だが、不適切な名称である)に残っている。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北アメリカ史  (250 8版)
参考資料
(Reference materials)
『古代のアメリカ 図説世界文化地理大百科』(マイケル・コウ/ほか著 朝倉書店 1989.1)
キーワード
(Keywords)
アメリカインディアン アリゾナ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名・地域
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000127349解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!