このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M09032417490810
事例作成日
(Creation date)
2009/05/02登録日時
(Registration date)
2010年01月05日 02時26分更新日時
(Last update)
2021年04月01日 00時30分
質問
(Question)
幕末期に吹屋村にあった「大教舎」について知りたい。
回答
(Answer)
 資料①『川上郡誌』には郡内の「明治維新前後学校一覧」があり,その中に「大教舎」が確認できる。元治元(1864)年から明治元(1968)年まで開かれ,生徒数は男子38人,女子15人,教師は岡玉造という人物(平民)であったことがわかる。資料②『岡山県教育史 上巻』及び資料③『成羽町の歴史と現在 -岡山県成羽町-』では,「大教舎」は寺子屋一覧の中に掲載されていることから,「大教舎」は寺子屋であったことが考えられる。資料④『よみがえる吹屋』には,「吹屋の明治28年の街並み復元図」があり,その中に大教舎が確認できる。なお,この図は,資料③ほかにも掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
西アフリカ  (244 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①私立川上郡教育会編『川上郡誌』,大正9年,参照はp283-286 資料②岡山県教育会編『岡山県教育史 上巻』,昭和12年,参照はp258 資料③岡山大学教育学部社会科教室内地域研究会編『成羽町の歴史と現在 岡山県成羽町』,岡山大学教育学部,1982,参照はp385-390 資料④官尾雅彦編『よみがえる吹屋』,吹屋街並保存会,平成20年,参照はp73-74
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2009032417461690810
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000061537解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!