このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2004-008
事例作成日
(Creation date)
2004/06/22登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時57分更新日時
(Last update)
2007年06月14日 14時44分
質問
(Question)
古代エジプトのステラ(石碑)で、ハトシェプスト女王のヒクソス回想ベニ・ハサンの碑文の内容が記載されている資料を探している。 
回答
(Answer)
碑文そのものが紹介されている資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
『古代エジプトのファラオ』p175に女王の対外政策についての記述があり、その中に碑の内容が記載されている。
ヒクソスについて、『エジプト文化入門』の訳注に「謎の民ヒクソス」(学生社 1974)が関係文献として紹介されており、ヒクソス回想ベニ・ハサンの碑文について何らかの記載があると考えられるが、埼玉県立図書館および、埼玉県内公共図書館に未所蔵のため、確認ができなかった。
県立久喜図書館所蔵の語学、美術関係の資料にも該当するものは見あたらなっかた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
エジプト  (242 9版)
歴史補助学  (202 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『古代エジプトのファラオ』(弥呂久 1998)
キーワード
(Keywords)
エジプト-歴史-古代
ハトシェプスト女王
碑文
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
近畿大学中央図書館よりコメントをいただく(2006/10/11)。以下、調査情報などの本文。

回答プロセスにも書かれていますが、『謎の民ヒクソス : 失なわれた民族の足跡を追う』  酒井伝六著 学生社 1974 p.110 に碑文の記述がありました。
「第十八王朝の四代目のファラオであるハトシェプスト女王は、上エジプトのベニハッサンの地下神殿の正面に刻んだ碑文の中で、つぎのように述べている。
 「余は破壊されたものを復旧した。北の地のアヴァリスの中心にアジア人がいたために、また彼らの中に野蛮人がまじっていたために、つくられたものがすべて破壊されたのであるが、余は徹底的に、倒されたものを立て直した。彼らはラを外して統治した。ラはこの陛下の治世に至るまで神意で行為することはなかった。いま余はラの王座の上に立っている。生れながらの征服者として余の年限は予告されている。余は敵に対して燃えあがるホルスの蛇としてきた。余は神々の嫌うものを遠ざけた。大地は彼らの足跡を消し去った。これは余の父の父なる者の考えである。アメンが命じたものに害がなされることを余は許さないであろう。余の命令は山のごとく不朽であり、日輪円盤はつよく輝き、陛下の称号の上に光を注ぎ、わがハヤブサは永遠にわが上を空高く舞う。」」
『古代文化の形成と発展』 古代学協会編 東京大学出版会 1973 (西洋古代史論集 1) p.174 53) にも関連する記述がありました。
また、下記の関連サイトがありました。
The Speos Artemidos Inscription of Hatshepsut 
http://www.ancientneareast.net/texts/egyptian/speos_artemidos.html
(2006/10/11確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000019577解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!