このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
高崎市立中央図書館 (2310031)管理番号
(Control number)
0131224529
事例作成日
(Creation date)
2016年05月29日登録日時
(Registration date)
2016年06月15日 17時55分更新日時
(Last update)
2016年06月15日 17時55分
質問
(Question)
スペインのアルハンブラ宮殿にあるライオンの噴水の台座に、生首が置かれ、水が赤く染まったという史実が書かれている本はないか。
回答
(Answer)
以下の所蔵資料に史実と伝説、両方について記載があった。

アンダルシア 第2版(旅名人ブックス)p.226-237
 グラナダ王国滅亡の30年前の1462年に、王朝最大の豪族サッラージュ家の一族を、時の王が宮殿で謀殺。理由は、皇子の一人を担いで王位を簒奪しようとした計画が発覚したため。と記述されている。
 また“噴水の大理石にのこるアズキ色の染みはその時の血痕である”と伝わっているが、その染みは大理石が部分的に酸化してできたものである、と科学的に証明されている。とも記述あり。

新アルハンブラ物語 p.85-87
 史実が複数説紹介されている。
 1445年、“足なえ(エル・コホ)”ムハマンド10世が犯人。(アーヴィング説)
 1446年、“足なえ(エル・コホ)”ムハマンド10世が犯人。
 1429年、“ちび(エル・ペケニョ)”ムハマンド8世が犯人。(カルロス・ビルチェス説)
 1453年、サアド王が犯人(ラレイ・トレベリャン説)
 1482年?、ムレイ・ハセン王が犯人。
 ????年、ボアブディルが犯人。(エミリオ・フエンテス説)
回答プロセス
(Answering process)
「アンダルシアを知るための53章」(立石博高編著 明石書店 2012.11)には記載が見当たらなかった。
「スペイン ['05~'06年版]」(JTBパブリッシング 2005.6)には伝説のみが記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スペイン[イスパニア]  (236 9版)
参考資料
(Reference materials)
谷克二, 邸景一, 武田和秀, 岩間幸司 著 , 谷, 克二, 1941-. アンダルシア : スペインの魅力が凝縮した土地 第2版. 日経BP企画, 2007. (旅名人ブックス ; 65)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009118598-00 , ISBN 9784861302947 (当館資料番号 114017064)
安引宏, 佐伯泰英 著 , 安引, 宏, 1933- , 佐伯, 泰英, 1942-. 新アルハンブラ物語. 新潮社, 1991. (とんぼの本)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002134865-00 , ISBN 4106019973 (当館資料番号 710484445)
キーワード
(Keywords)
アルハンブラ宮殿
スペイン-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000193333解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!