このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137621
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130929-2
事例作成日
(Creation date)
2013年09月29日登録日時
(Registration date)
2013年09月29日 14時49分更新日時
(Last update)
2017年07月18日 13時51分
質問
(Question)
北方領土の神社について調べたい。
回答
(Answer)
以下の資料がみつかった。

薗田稔, 橋本政宣編『神道史大辞典』 吉川弘文館 , 2004 ISBN:4642013407
本館請求記号:172 - Sh69
 p.1133-1192 「終戦前の海外神社一覧」

 p.1133-1138 「樺太の神社」
 豊栄支庁、大泊支庁、真岡支庁、泊居支庁、元泊支庁、敷香支庁の社格、神社名、祭神、鎮座地、創立・列格年、神職、備考の項目について記載がある。
「『大日本神社大観』、「神社局資料」「昭和十二年拓務省管理局行政課備付原簿」による」と記載されていた。

 p.1170-1172 「千島(北方四島を含む)の神社」
 千島列島4社、択捉島14社、国後島22社、色丹島6社、歯舞群島10社の神社名、祭神、鎮座地、創祀年、由来等の項目について記載がある。
「『北海道神社庁誌』第三章「千島列島並に北方領土鎮座の神社について(五六社)」による。千島列島における全ての神社は非公認であった。『日本帝國統計年鑑』によると、千島国には、明治十三(1880)・十四(1881)に四社、十五・十六年に五社が府県社以下の神社として確認されていた。(以下略)」とあった。

『樺太の神社』 北海道神社庁 神社新報社, 2012 ISBN:9784915265242
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/25769567.html (2017/07/21 確認)
http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB12096074 (2017/07/21 確認)

『北方領土の神社 : 千島・北方領土社寺教会日露共同調査報告書』北方領土文化日露共同学術交流実行委員会 編輯, 北海道神社庁, 神社新報社, 2005 ISBN:4915265072
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007903503-00  (2017/07/21 確認)

『北海道神社庁誌』 北海道神社庁誌編輯委員会 編輯 北海道神社庁 1999
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002812759-00   (2017/07/21 確認)

『大日本神社大鑑』北海道・樺太版 恢弘社大日本神社大鑑編纂部 1935 (国立国会図書館デジタルコレクション)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1105182  (2017/07/21 確認)
樺太(縣社、無格社)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1105182/186  (2017/07/21 確認)


『海外神社の史的研究』 近藤喜博 著 明世堂, 1943 (国立国会図書館デジタルコレクション図書館送信限定)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040141  (2017/07/21 確認)
 p.249 樺太の神社

『南千島』鈴木吉蔵 著 北海道テレビ放送, 1978 (HTBまめほん)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001374767-00 (2017/07/21 確認)
※レファ協Twitterにヤブさん様より文献の情報提供をいただきました。ありがとうございます。
回答プロセス
(Answering process)
コトバンク  北方領土(ほっぽうりょうど)日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
https://kotobank.jp/word/%E5%8C%97%E6%96%B9%E9%A0%98%E5%9C%9F-630843#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29   (2017/07/21 確認)
「第二次世界大戦後、当時のソ連に編入された日本領土、すなわち南樺太(からふと)、択捉(えとろふ)・国後(くなしり)を含む千島列島ならびに歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)の諸島のことである。一般に北方領土問題といえば、とくに択捉、国後、歯舞、色丹の四島を意味している。」

参考文献
国際法学会「北方領土の地位――千島・樺太をめぐる諸問題」(『国際法外交雑誌』60巻4・5・6合併号所収・1962・有斐閣)
高野雄一著『日本の領土』(1962・東京大学出版会)
洞富雄著『北方領土の歴史と将来』(1973・新樹社)

北方領土問題の経緯(領土問題の発生まで) 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo_keii.html (2017/07/21 確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175 9版)
神衹・神道史  (172)
参考資料
(Reference materials)
望郷樺太 : 写真集 / 望郷樺太編纂委員会編 東京 : 国書刊行会 , 1979
キーワード
(Keywords)
神社
北方領土
樺太
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
ヤブさん
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000137621解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!