このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106164
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-018
事例作成日
(Creation date)
2012年01月09日登録日時
(Registration date)
2012年05月17日 14時36分更新日時
(Last update)
2012年07月25日 16時16分
質問
(Question)
イスラム教における死後の世界について、一般論と具体論、また各人(男・女・子ども・善人・悪人・殉教者等)の違いなど、できるだけ、詳しく書かれている本を見たい。
回答
(Answer)
イスラム教における死後の世界について書かれているものとして、以下の資料を紹介した。一般論と具体論、各人の違いについては、必ずしも掲載されているわけではない。
NDC分類〈167〉
『イスラーム世界の基礎知識 今知りたい94章』(ジョン・L.エスポジト著 山内昌之監訳 原書房 2009)
p61-63「イスラーム教徒は天国と地獄を信じていますか?」
p61「イスラーム教徒も、天国と地獄を信じています。(中略)クルアーンのある死後の世界は、精神的なものでもあり物質的なものでもあります。肉体と魂が一つになり、天の楽園の喜びも、地獄の業火の苦しみも存分に味わうことになるのです。」
『イスラームの天国 イスラーム信仰叢書 2』(イブン・カイイム・アルジャウズィーヤ原著 水谷周訳著 国書刊行会 2010)
p20-26「天国と地獄のあらまし」あり
『イスラームとコーラン 講談社学術文庫』(牧野信也〔著〕 講談社 1987)
p113「コーランによれば、人間が死ぬとその魂は体から離れ、ずっとそのままの状態に留るが、肉体は朽ち果ててついに骨になる。しかし、やがて終末の時が来ると、浮遊している魂は骨になった元の体と再び結びついて、生きていた時の姿にもどる。これが復活である。」
『イスラームの人間観・世界観 宗教思想の深淵へ』(塩尻和子著 筑波大学出版会 2008)
p9-11「来世の楽園」クルアーン(コーラン)に描かれた楽園の様子あり。
回答プロセス
(Answering process)
その他、調査した資料は以下のとおり
『死後の生活』(フェヒネル著 平田元吉訳 丙午出版社 1924)
『死と再生 ユーラシアの信仰と習俗』(井本英一著 人文書院 1982)
『ヨーロッパの死者の書』(竹下節子著 筑摩書房 1995)
『死後の世界』(〔出版者不明〕〔19--〕資料番号117359331)
事前調査事項
(Preliminary research)
「世界の地獄と極楽がわかる本」(PHP研究所 2010)
『イスラーム教を知る事典』(東京堂出版 1999)
p75「Q14キリスト教の「天国」とイスラム教の「楽園」は、どう違いますか」あり。
NDC
宗教学.宗教思想  (161 9版)
イスラム  (167 9版)
参考資料
(Reference materials)
『イスラーム世界の基礎知識 今知りたい94章』(ジョン・L.エスポジト著 山内昌之監訳 原書房 2009)
『イスラームの天国 イスラーム信仰叢書 2』(イブン・カイイム・アルジャウズィーヤ原著 水谷周訳著 国書刊行会 2010)
『イスラームとコーラン 講談社学術文庫』(牧野信也〔著〕 講談社 1987)
『イスラームの人間観・世界観 宗教思想の深淵へ』(塩尻和子著 筑波大学出版会 2008)
キーワード
(Keywords)
他界観念
イスラム教
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000106164解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!