このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000211233
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-136
事例作成日
(Creation date)
2016年11月24日登録日時
(Registration date)
2017年03月08日 10時12分更新日時
(Last update)
2017年06月05日 15時14分
質問
(Question)
♂(thouros)の読みを知りたい。
「誰かについしゃべりたくなる話のネタ・雑学の本」(日本雑学研究会著 幻冬舎 2000)に出てくる言葉である。
回答
(Answer)
「Thouros」は、ギリシア語のようだが(ギリシア文字表記では「Θουροσ」)、読みが掲載された資料は見当たらなかった。参考までに、ギリシア文字の発音表やローマ字に音訳する方法が載っている下記図書を紹介した。
『古典ギリシア語入門』(池田黎太郎著 白水社 1998)
 p9-11「第1課 ギリシア語のアルファベット 発音」より、〈Θουροσ〉のローマ字読みを作ってみると、「thurhus」または「thurhos」となる。
回答プロセス
(Answering process)
1 『ギリシアローマ神話辞典』を確認する
『ギリシア・ローマ神話事典』(マイケル・グラント[ほか]著 大修館書店 1988)
 p523 「ポスポロス Phosphorus」の項あり「光をもたらす者」の意。暁の明星が擬人化されたもので、曙の女神エオスとアストライオスないしはケパロスとの息子。」とあり。巻末の索引に〈Thouros〉なし。

2 NDC分類〈16〉の参考図書を確認する
『ギリシア・ローマ神話辞典』(高津春繁著 岩波書店 1990)
 p261 「ポースポロス Phosphoros,[ギリシャ語表記]、拉Lucifer」の項あり。「拉」はラテン形の略語。
 p227 「ヘオースポロス Heosphoros,[ギリシャ語表記]」の項あり。

3 《Google》( http://www.google.co.jp/  Google)を〈Thouros〉〈火星 & ギリシア語 & Thouros〉等で検索する
 複数の個人サイトに「Thouros」を火星のギリシア語とする記述あり。

4 「Thouros」の表記を確認する
《ウィキペディア ギリシア文字》( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%96%87%E5%AD%97  ウィキメディア財団)
 「文字表」より、ギリシア文字「thouros」は、ラテン文字では「Θουροσ」となる。

5 「Θουροσ」について調べる
『ギリシャ語辞典』(古川晴風編著 大学書林 1989)
 p529 〈Θουροσ〉 「1 それを持って激しく突進する大盾、あるいは猛々しい戦士の持つ大盾 2 突進する、激烈な、荒々しい」の意。発音記号等はなし。

その他調査済資料
『世界シンボル大事典』(ジャン・シュヴァリエ[ほか]著 大修館書店 1996)
『星の文化史事典』(出雲晶子編著 白水社 2012)
『火星雑学ノート』(中村浩美著 ダイヤモンド社 1997)
『ギリシャ語辞典』(古川晴風編著 大学書林 1989)
『現代ギリシャ語辞典』(リーベル出版 2004)
『ギリシア・ラテン引用語辞典』(岩波書店 1979)
『A Lexicon abridged from Liddell and Scott's Greek-English lexicon』(Oxford Clarendon Press 1871)
『Μεγα Ελληνο-Αγγλικον λεξικον 』(William Crightonυπο  Γ.Κ.Ελευθερουδακηε [1960])
『現代ギリシア語を書いてみよう読んでみよう』(白水社 2000)
『ラテン語とギリシア語』(三省堂 1998)
『現代ギリシャ語辞典』(リーベル出版 2004)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2016年11月24日。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済事項
♀R(phosphorus)の、phosphorusは「ギリシアローマ神話辞典」(マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル共著)p523で、ポスポロスという読みで確認できた。
NDC
ギリシア語  (891 9版)
神話.神話学  (164 9版)
参考資料
(Reference materials)
『古典ギリシア語入門』(池田黎太郎著 白水社 1998), ISBN 4-560-00538-9
キーワード
(Keywords)
ギリシア語
ギリシア神話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000211233解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!