このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192772
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2016-002
事例作成日
(Creation date)
2013/10/17登録日時
(Registration date)
2016年05月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年06月30日 14時07分
質問
(Question)
江戸時代、富士信仰に使われた人工の富士山について、その場所や地図が載っている資料を探している。
回答
(Answer)
富士信仰に使用した人口の富士山は「富士塚」という名称です。以下の資料に場所や地図の記載があります。
 
 〇『富士塚ゆる散歩』 有坂蓉子/著 講談社 2012年
 〇『ご近所富士山の「謎」』 有坂蓉子/著 講談社 2008年
 〇『日本常民文化研究所調査報告 第4集』 神奈川大学日本常民文化研究所/編  平凡社 1993年
 〇『富士山文化』 竹谷靱負/著 祥伝社 2013年
 〇『日本人はなぜ富士山を求めるのか 』 島田裕巳/著  徳間書店 2013年
 
また、以下のホームページ等に場所や地図の記載があります。
 
 〇「文化遺産オンライン」
 〇「国指定文化財等データベース」
 〇「埼玉県」ホームページ
 〇「練馬区観光協会」ホームページ
回答プロセス
(Answering process)
1 「富士信仰」、「富士山」をキーワードに所蔵資料の内容確認。
 〇『国史大辞典 12』 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1991年
   p.141-143「富士信仰」の項目に「とりわけ富士山が出現したという庚申の御縁年は「お山参り」と称して登拝が盛行し、それに伴い富士山曼荼羅が作成され、江戸では富士の山容を模倣した富士塚があちこちで築かれた。」と記載あり。
 〇『広辞苑 第六版』 新村出/編 岩波書店 2008年
   p.2450「富士塚」の項目に「富士講の人たちが、富士山に模して築いた塚。江戸時代に江戸やその近くに数多くでき、山開きもした。」と記載あり。
  
2 上記により、富士信仰に使われた人工の富士山が「富士塚」と呼ばれていたことが判明したので、「富士塚」をキーワードに所蔵調査。
 〇『富士塚ゆる散歩』 有坂蓉子/著 講談社 2012年
   p.6-7に著者作成の「FUJIZUKA MAP」掲載あり。
   p76-101「個性豊かな富士塚 厳選50基」に、50基の富士塚の名称、所在地、概要の記載あり。
 〇『ご近所富士山の「謎」』 有坂蓉子/著 講談社 2008年
   p.44に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に存在する富士塚36基の名称、所在地、P46-188に36基の概要の記載あり。
 〇『日本常民文化研究所調査報告 第4集』 神奈川大学日本常民文化研究所/編  平凡社 1993年
   p.89-121「第四章 埼玉県の富士講と富士塚」に、埼玉県内の富士塚の名称、所在地、概要の記載あり。
   p.125-140「第五章 千葉県の富士塚」に、千葉県内の富士塚の名称、所在地、概要の記載あり。
   p.82「第三章 神奈川県の富士講と富士塚~相模地方~」に、「旧相模の国は富士塚の少ない地域といえよう。」「県下には数ヶ所の富士塚とよばれる塚があったが、その多くは宝永二年の富士山大噴火による降灰を集積したもので、富士信仰とは結びつかない。」「(旧相模国には)富士塚は全く認められない」と記載あり。
 〇『富士山文化』 竹谷靱負/著 祥伝社 2013年
   p.85-87に「井野邊茂雄著『富士の信仰』(富士の研究Ⅲ)の中に、北口教会が発行した『七富士廻りの栞』の記録が残されている。」と記載あり。その『七富士廻りの栞』の中から、「七富士西廻り」「府内七富士巡り」の2コースが紹介され、富士塚の所在地の記載あり。
   p88-91地図の記載あり。
   p93現存最古の富士塚として、長野県の「辰野富士」の所在地のと概要の記載あり。
 〇『日本人はなぜ富士山を求めるのか 』 島田裕巳/著  徳間書店 2013年
   p.200に「最初につくられたのは、東京都新宿区西早稲田の水稲荷神社のなかにある富士塚です(後に破壊された事も併記)」「それ以降、下谷坂本富士(台東区)、江古田富士(練馬区)、豊島長崎富士(豊島区)など、江戸市中にたくさんの富士塚がつくられるようになりました。」と記載あり。
 △『宮田登日本を語る 2』 宮田登/著 吉川弘文館 2006年
   p.108-110「富士講と人造富士」に、『江戸名所図会』『江戸名所記』『兎園小説』を引用した、富士塚の歴史や概要についての記載あり。詳細な場所や、地図の記載はなし。
  
3 「富士講」をキーワードにインターネット検索
 〇「文化遺産オンライン」ホームページ
   有形民俗文化財として、「江古田の富士塚」「水角神社の富士塚」「木曽呂の富士塚」「豊島長崎の富士塚」「下谷坂本の富士塚」について、所在地、概要、地図の記載あり。
 〇「国指定文化財等データベース」
   重要有形民俗文化財として、「江古田の富士塚」「木曽呂の富士塚」「豊島長崎の富士塚」「下谷坂本の富士塚」について、所在地、概要、地図の記載あり。
 〇「埼玉県」ホームページ
   埼玉県内の国・県指定等文化財件数のページ内、埼玉県所在 国指定・県指定等文化財一覧PDFに「田子山富士塚」に関して概要、所在地の記載あり。
 〇「練馬区観光協会」ホームページ
   「ねりまで富士登山 富士塚特集」のページに、練馬区内の「下練馬の富士塚」「江古田の富士塚」「中里の富士塚」「大松の富士塚」について、所在地、概要の記載あり。
 
4 確認をしたが記載のなかった資料は以下のとおり。
 ×『知られざる東京の史跡を探る 』 武蔵義弘/著  鳥影社 2004年
 ×『武蔵野の遺跡を歩く 郊外編 』 勅使河原彰/著  勅使河原保江/著 新泉社 2002年
 ×『この一冊で東京の地理がわかる! 』 正井泰夫/監修 三笠書房  2000年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
原始宗教.宗教民族学  (163 9版)
風俗史.民俗誌.民族誌  (382 9版)
参考資料
(Reference materials)
国史大辞典 12 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1991.6 210.033 4-642-00512-9
広辞苑 新村出/編 岩波書店 2008.1 813.1 978-4-00-080121-8
富士塚ゆる散歩 有坂蓉子/著 講談社 2012.1 163.1 978-4-06-217443-5
富士山文化 竹谷靱負/[著] 祥伝社 2013.7 163.1 978-4-396-11325-4
ご近所富士山の「謎」 有坂蓉子/[著] 講談社 2008.12 163.1 978-4-06-272543-9
日本常民文化研究所調査報告 第4集 神奈川大学日本常民文化研究所/編 平凡社 1993.8 382.1 4-582-48534-0
日本人はなぜ富士山を求めるのか 島田裕巳/著 徳間書店 2013.9 163.1 978-4-19-863674-6
「文化遺産オンライン」 http://bunka.nii.ac.jp/ 2016/04/15
「国指定文化財等データベース」 http://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/searchlist.asp 2016/04/15
「埼玉県」ホームページ http://www.pref.saitama.lg.jp/f2216/documents/03-1.pdf 2016/04/15 (埼玉県所在 国指定・県指定等文化財一覧「県指定有形民俗文化財(PDF:351KB)」)
「練馬区観光協会」ホームページ http://www.nerima-kanko.jp/fujizuka 2016/04/15 (ねりまで富士登山 富士塚特集)
キーワード
(Keywords)
富士塚
富士山
富士講
富士詣
富士信仰
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000192772解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!