このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000218945
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B170601102710
事例作成日
(Creation date)
2017/6/9登録日時
(Registration date)
2017年07月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年07月20日 15時13分
質問
(Question)
「ストレス自己統制評定尺度(Stress Self-regulation Inventory; SSI)」について、すべての質問項目が掲載されている資料を紹介してください。
この尺度は、佐藤安子(京都文教大学)、河合優年(武庫川女子大学)が2004年に作成したと思われるもので、全部で69項目あるようです。次の資料に掲載されていませんか。
・佐藤安子;河合優年「ストレス場面からの回復過程を規定する新しい認知モデル構築の試み」『臨床教育学研究』(11) 2004, pp.189-204.
回答
(Answer)
下記の当館所蔵資料及びデータベースを調査しましたが、御照会の「ストレス自己統制評定尺度(Stress Self-regulation Inventory; SSI)」の全項目が掲載されている資料は見当たりませんでした。
また、レファレンスの御依頼文にありました当館所蔵資料1を確認しましたが、御照会の尺度の一部の項目しか掲載されていませんでした。
なお、当館のレファレンスでは、本文を精読しての調査、網羅的な調査はできませんので御了承ください。

資料1
論題:ストレス場面からの回復過程を規定する新しい認知モデル構築の試み
著者:佐藤 安子. 河合 優年.
国立国会図書館請求記号:Z7-B552
雑誌名:臨床教育学研究 / 武庫川女子大学大学院「臨床教育学研究」編集委員会 編.
出版者等:西宮 : 武庫川女子大学大学院臨床教育学研究科, 1995-
巻号・年月日:(11) 2004
ページ:189~204
ISSN:1341-2434

「抽出された69項目の一部」(pp.202-203)に、御照会の尺度の一部の項目として質問グループ1から質問グループ6が掲載されています。

[調査済み資料及びデータベース](【 】内は当館請求記号です。)

・山内俊雄, 鹿島晴雄 総編集. 精神・心理機能評価ハンドブック. 中山書店, 2015.6 【SC361-L240】
・二宮克美, 浮谷秀一, 堀毛一也, 安藤寿康, 藤田主一, 小塩真司, 渡邊芳之 編集. パーソナリティ心理学ハンドブック. 福村出版, 2013.3 【SB2-L2】
・日本ストレス学会, パブリックヘルスリサーチセンター 監修. ストレス科学事典. 実務教育出版, 2011.6 【SC2-J149】
・佐藤安子 著. ストレス反応の自己統制機序に関する心理学的研究. 風間書房, 2011.12 【SB231-J86】
・津田彰, 大矢幸弘, 丹野義彦 編. 臨床ストレス心理学. 東京大学出版会, 2013.9 【SB231-L17】
・櫻井茂男, 松井豊 編. 子どもの発達を支える : 対人関係・適応. サイエンス社, 2007.4 【SB234-H17】
・堀洋道 監修. 心理測定尺度集. 5. サイエンス社, 2011.3 【SB234-J17】
・堀洋道 監修. 心理測定尺度集. 6. サイエンス社, 2011.3 【SB234-J18】
・佐藤 安子. 吉村 夕里. 「教師と子どものためのメンタルケア」研修の実際 : 教員免許状更新講習の取組から. 心理社会的支援研究. (2):2011年度. pp.103-109 【Z72-D59】
・佐藤 安子. 事例からみたストレス反応の自己統制機序 : メンタルヘルス不全からどのように回復していくのか. 臨床心理学部研究報告. (4):2011年度. pp.29-42 【Z74-G496】
・佐藤 安子. 自覚的ストレスの高低が環境への適応過程に及ぼす効果. 人間環境学研究 = Journal of human environmental studies. 5(1) 2007.6. pp.7-11 【Z71-L33】
・佐藤 安子. 河合 優年. ストレス刺激に対する反応の規定要因に関する理論的考察--自己統制の視点からみた内的過程. 臨床教育学研究 = Clinical education. (9) 2003. pp.61-77 【Z7-B552】

・NDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ ( http://iss.ndl.go.jp/
・国立国会図書館デジタルコレクション ( http://dl.ndl.go.jp/
・調べ方案内「『心理測定尺度集』に収録された個別心理測定尺度(心理尺度)」(当館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」内) ( https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400301.php
・JDreamIII [当館契約データベース]
・医中誌Web [当館契約データベース]
・CiNii Articles ( http://ci.nii.ac.jp/
・CiNii Books ( http://ci.nii.ac.jp/books/
・J-GLOBAL ( http://jglobal.jst.go.jp/
・J-STAGE ( http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
・KAKEN ( https://kaken.nii.ac.jp/
・心理尺度データベース (三重大学教育学部 教育心理学教室) ( http://www.minamis.net/scale_search/mpsbmain.html
・心理尺度の広場 (日本パーソナリティ心理学会) ( http://jspp.gr.jp/doc/scale00.html

インターネット・データベースの最終アクセス日は2017年6月6日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・佐藤安子;河合優年「MBSSを用いたストレス認知の型とレジリエンス(会議録)」『日本心理学会大会発表論文集』76回, 2012.8, p.54.
・インターネットを「ストレス自己統制評定尺度」というキーワードで検索し、ヒットした論文を参照しました。
NDC
心理学  (140)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ストレス自己統制評定尺度(Stress Self-regulation Inventory; SSI)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000218945解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!