このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山市立中央図書館 (2210024)管理番号
(Control number)
M20020914208444
事例作成日
(Creation date)
2020/02/09登録日時
(Registration date)
2020年08月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月31日 00時30分
質問
(Question)
「長船」という地名の語源を知りたい。
回答
(Answer)
資料1~3などに、昔は「靫負」という地名だったことや、鎌倉期から長船と見えるようになったことなどは書かれていたが、語源については触れられていなかった。
資料4では“整然とした他の畝がある所の表現であろう”としている。
資料5には吉井川の中州や船山の形からとあり、資料6では“細長い船(谷)地の意”とある。
資料7ではいくつか語源の推定をしており、資料8では“語源は不明”としている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1 長船町史編纂委員会/編『長船町史 通史編』長船町 長船町,2001,980p. 参照はp.312.
資料2 小林久雄雄/編『改訂 邑久郡史 上巻』邑久町 邑久郡史刊行会,1953,992p.参照はp.405~406.
資料3 『日本歴史地名大系』 平凡社,1988,1073p. 参照はp.395.
資料4 吉田茂樹『日本地名大事典』新人物往来社,2004,340p. 参照はp.154
資料5 丹羽基二『難読姓氏・地名大事典』 新人物往来社,2002,323p. 参照はp.74.
資料6 池田末則/編『日本地名基礎辞典』日本文芸社,338p. 参照はp.204.
資料7 溝手理太郎/編『市町村名語源辞典 改訂版』東京堂出版,288p.参照はp.56.
資料8 池田末則・丹羽基二/監修『日本地名ルーツ辞典』 創拓社,1992,1078p. 参照はp.718.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2020020914210408444
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000286378解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!