このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253279
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2019口頭0303
事例作成日
(Creation date)
2019年03月19日登録日時
(Registration date)
2019年03月19日 17時21分更新日時
(Last update)
2019年03月20日 13時06分
質問
(Question)
IF(インパクトファクター)以外の学術雑誌の評価指標が見たい。
回答
(Answer)
IF(インパクトファクター)は自然科学、社会科学分野の学術雑誌を対象とし、対象年の前2年間にその雑誌に掲載された論文がどれくらい引用されているかを平均値で示す指標です。国立国会図書館契約データベースのWeb of Scienceから利用できるJournal Citation Reportsで確認できます。Journal Citation Reportsを使うことで、IF以外の評価指標も確認できます。例として以下のような指標があります。

・Total Cites
当該年の総被引用回数
・Impact Factor without Journal Self Cites 
自誌引用を除いて計算したインパクトファクター
・5 Year Impact Factor 
直前5年分の論文の当該年の平均被引用数(過去5年)
・Immediacy Index
ジャーナルに掲載された論文がどれくらい早く引用されたかを示す指標

各指標の詳細な説明およびその他の評価指標は、Journal Citation Reports~インパクトファクターの調べ方( https://clarivate.jp/wp-content/uploads/2018/05/QRC_JCR_ImpactFactor_jp.pdf )の表1に掲載されています。

なお、Journal Citation Reports は、国立国会図書館の他、このデータベースを契約している大学図書館等で使用することができます。

インターネットの最終アクセス日は2019年2月5日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報学.情報科学  (007 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
Web of Science
Journal Citation Reports
被引用回数
評価指標
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
科学技術
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000253279解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!