このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
030
事例作成日
(Creation date)
2013年3月21日登録日時
(Registration date)
2013年03月21日 15時44分更新日時
(Last update)
2013年03月21日 17時41分
質問
(Question)

尼崎市富松町にある富松城跡というのはどういう史跡なのか?
現状はどうなっているのか?

回答
(Answer)
富松城跡というのは、尼崎市富松町2丁目に残る、中世戦国期の土塁と堀跡からなる城郭遺構です。都市化が進んだ平野部に中世城郭遺構が残る例はほとんどなく、稀少性の高い史跡と言えます。
富松は、池田・伊丹・尼崎・西宮といった中世の城郭及び町場が点在する摂津国西部の平野部中央に位置しており、交通上の要衝であったことから城郭が築かれたものと考えられます。16世紀前半、室町幕府管領を務める細川家の内紛の際、対立する陣営が時期によりそれぞれ富松城に兵を入れ、陣を張ったことが記録されています。
この史跡の底地は私有地でしたが、相続税として物納された結果、現在は財務省の管理下にあります。これについて、地域の貴重な歴史遺産・地域資源としての保存・活用を求める地元住民が「富松城跡を活かすまちづくり委員会」を平成14年(2002)に組織し、以来学習イベントや展示会、Webサイト「富松城歴史博物館」の構築・公開など、城跡の保存・活用について学び考える多彩な取り組みが行なわれてきています。
こうした積み重ねの結果、平成24年度現在、富松城跡は財務省から尼崎市教育委員会に管理委託されており、「富松城跡を活かすまちづくり委員会」が市教委との協働による史跡保存・活用の取り組みを続けています。
回答プロセス
(Answering process)
1 富松城跡の歴史に関する参考文献

◆『尼崎地域史事典』 /Web版尼崎地域史事典"apedia"
項目「富松城」「富松城跡」
史跡としての「富松城」「富松城跡」についてコンパクトに解説している。関連項目として「富松」「富松氏」「富松荘」なども参照することができる。

◆『図説尼崎の歴史』 /Web版『図説尼崎の歴史』
中世編第3節1「戦乱と城」
仁木宏執筆。16世紀前半の室町幕府管領家細川家の内紛から中期にかけての三好氏台頭、この時期の戦乱と富松城・富松集落の関わりについて解説している。

◆『尼崎市史』第1巻
第4章第3節2「尼崎地方の戦国の諸城」のうち小見出し「富松城とその戦歴」
昭和41年(1966)の刊行物であるため、その後の発掘調査の成果や近世絵図・地籍図などに依拠した研究成果は反映されていない。

◆富松城跡を活かすまちづくり委員会編・発行『もっと知りたい中世の富松城と富松』
各分野の専門家などによる、富松荘と富松氏に関する解説、「細川両家記」などをもとにした富松城跡をめぐる戦乱に関する考察、発掘調査の成果報告、近世絵図や地籍図をもとにした富松城と富松集落の関係性に関する考察などを掲載している。

◆尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第33巻第1号(通巻96号)掲載
仁木宏「戦国富松都市論-尼崎市富松城・富松集落の研究-」
富松城と富松集落の広域における地理的立地について考察し、さらに近世絵図・地籍図等から両者の詳細な歴史地理的解析を試みたうえで、城の性格、集落との関係性について考察している。

2 富松城跡の保存・活用の取り組みに関する参考文献

◆富松城跡を活かすまちづくり委員会編・発行『もっと知りたい中世の富松城と富松』
刊行時点(平成19年・2007)までの「富松城跡を活かすまちづくり委員会」の活動などを紹介している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
参考資料
(Reference materials)
『尼崎地域史事典』平成8年発行 (当館請求記号 219/A/ア)
『図説尼崎の歴史』下巻 平成19年発行 (当館請求記号 219/A/ア)
『尼崎市史』第1巻古代・中世編 昭和41年発行 (当館請求記号 219/A/ア-1)
『もっと知りたい中世の富松城と富松』富松城跡を活かすまちづくり委員会 平成19年発行 (当館請求記号 219/A/ト)
尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第33巻第1号(通巻96号、平成15年9月)掲載
仁木宏「戦国富松都市論-尼崎市富松城・富松集落の研究-」
キーワード
(Keywords)
富松
富松城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
Web版 尼崎地域史事典"apedia"
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/
Web版 図説尼崎の歴史  中世編第3節1「戦乱と城」
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/02chuusei/chuusei3-1.html
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000129246解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!