このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112571
提供館
(Library)
外務省外交史料館 (5000003)管理番号
(Control number)
2012-013
事例作成日
(Creation date)
2012年10月17日登録日時
(Registration date)
2012年10月17日 10時00分更新日時
(Last update)
2012年10月17日 10時00分
質問
(Question)
現在外交史料館がある場所は、戦前期はどのように利用されていたのですか。
回答
(Answer)
 外交史料館は1971年(昭和46年)、現在の所在地である港区麻布台一丁目に開設されましたが、戦前期、この場所には中華民国大使館がありました。
 中華民国公使館(1935年(昭和10年)に公使館から大使館に昇格)はもともと、麹町区永田町二丁目(現在の千代田区永田町二丁目。国会議事堂付近)にありましたが、同地区付近に国会議事堂を建設し、議事堂周辺へ中央官庁を集中させることになったため、ベルギー、イタリア、ソ連大使館と同時期に移転することになりました。
 1926年(大正15年)3月より移転交渉が開始され、麻布区飯倉町(現在の港区麻布台)の徳川頼貞(とくがわ・よりさだ)邸(紀州徳川家邸宅)が移転先の候補地となりました。途中、北京政府が?介石の北伐により消滅し、交渉は難航しましたが、1928年(昭和3年)10月末、交渉が成立し、11月1日、新敷地貸付契約が結ばれました。これにより、日本政府が徳川家から敷地を買い上げ、国有地として中華民国政府に貸し付け、敷地内の建物は、中華民国政府が買い取って、以後、公使館として利用しました。
 戦前の中華民国公使館移転に関する記録は、外務省記録「在本邦外国公館敷地関係一件(建物転貸関係ヲ含ム) 中華民国ノ部」に残されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112571解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!