このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112561
提供館
(Library)
外務省外交史料館 (5000003)管理番号
(Control number)
2012-003
事例作成日
(Creation date)
2012年10月17日登録日時
(Registration date)
2012年10月17日 09時49分更新日時
(Last update)
2012年10月17日 09時49分
質問
(Question)
1891年(明治24年)に来日したロシアのニコライ皇太子(Nikolai Aleksandrovich
Romanov、後の皇帝ニコライ2世)が、警備の日本人巡査に襲われた、いわゆる大津
事件に関する史料はありますか。
回答
(Answer)
ニコライ皇太子は、シベリア鉄道起工式参加の途上、従兄弟にあたるギリシャのゲオルギオス親王(Prince Georgios)と共に親善のため来日し、長崎、鹿児島、京都など各地で大歓迎を受けました。しかし、1891年5月11日、琵琶湖遊覧の帰途、突如警備の巡査の一人であった津田三蔵(つだ・さんぞう)にサーベルで斬りつけられ、頭部を負傷しました。さらに斬りつけようとする津田に対して、ニコライ皇太子を乗せた人力車の車夫向畑治三郎(むこうはた・じさぶろう)と、ゲオルギオス親王を乗せた車夫北賀市市太郎(きたがいち・いちたろう)、そしてゲオルギオス親王の三人がニコライ皇太子を守り、津田を取り抑えるため活躍しました。この事件の概要および事後処理に関しては外務省記録「露国皇太子滋賀県大津ニ於テ遭難一件」に関連記録があり、主要なものは『日本外交文書』第24巻にも収録されています。
ニコライ皇太子の負傷は軽傷ですみましたが、事件後犯人津田の処罰をめぐって問題が生じました。大津事件の前年に日本人によるロシア公使館への投石事件があったため、駐日露国公使シェーヴィッチ(Dmitrii E..Schevich)は、ニコライ皇太子の来日に合わせて臨時に刑法を改正し、外国の皇族に対する暴力、暴行を日本の皇族に対するそれと同様に処罰するよう、青木周蔵(あおき・しゅうぞう)外務大臣に要請しており、青木外務大臣は、ニコライ皇太子を傷つける者は日本の皇族に対する罪と同様に処罰すると約束していたのです(ロシア公使館投石事件については、外務省記録「在本邦露国公使館ニ対シ本邦人暴行一件」に関連記録があります)。そのため、政府内では、津田に対しては大逆罪の適用等による死刑が妥当との意見が大勢を占めました。
  しかし、大審院長であった児島惟謙(こじま・いけん)は、謀殺未遂を適用することを主張して、5月27日津田には無期懲役の判決が下りました。この判決に対してロシア皇帝アレクサンドル3世(AleksandrⅢ)は、7月3日、日本政府の処置に満足していると告げ、日本側はようやく安堵しました。
なお、事件後ニコライ皇太子は二人の車夫に年金としてそれぞれ1,000円ずつ下賜して、感謝の意を表しました。外務省記録「外国皇室並元首ヨリ金品下賜関係雑件 露国皇帝ヨリ向畑治三郎、北ヶ(ママ)市市太郎ヘ年金下賜ノ件」には、この年金の授受に関する記録などがあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112561解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!