このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000092065
提供館
(Library)
外務省外交史料館 (5000003)管理番号
(Control number)
2011-014
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年10月07日 02時13分更新日時
(Last update)
2011年10月07日 10時12分
質問
(Question)
東京オリンピックの際にオランダの王族が訪日したことがわかる文書はありますか。
回答
(Answer)
第14回外交記録公開で公開された外務省記録「国際オリンピック大会関係第18回東京大会(1964)諸外国主要来朝者関係」にオランダの王族訪日に関する記録があります。

 ユリアナ女王(当時)の夫であるベルンハルト公とベアトリクス王女(後の女王)は、随行者4名と共に1964年(昭和39年)10月12日に来日しました。

 オリンピック開催中は、国際馬術競技連盟会長であったベルンハルト公は全馬術競技を、ベアトリクス王女は陸上競技、漕艇、自転車競技、ホッケー、柔道、水泳、飛込、馬術、射撃、バレーボール、水球、ヨットを観覧予定であることが在オランダ大使館から外務省に伝えられています。また期間中、軽井沢にも滞在されたようです。

 ベルンハルト公は、オランダに帰国後、訪日の際に日本オリンピック委員会から贈られた記念ボタンを使用して、訪日記念の上衣を新調予定であるとの記録も見られます。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000092065解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!