このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000229174
提供館
(Library)
福井県文書館 (9000002)管理番号
(Control number)
2017-021
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2018年01月26日 16時29分更新日時
(Last update)
2019年03月10日 16時54分
質問
(Question)
「散髪説諭」について、その内容を知りたい。
回答
(Answer)
 「散髪説諭」とは1872年(明治5)11月16日付の敦賀県布令書(第41号)のことを指す。この布令所は種々の「開化」策が推し進められるなか、その趣旨をよく理解し、時勢に遅れることなく進んで散髪することを求めている内容となっている。
 本文は以下の通り。読み方は資料の本文につけられていたもの、句点は当館で適宜付けたものである。濁点がない部分もあるが、資料の通りそのままにしている。

第四十一号
方今ノ御趣意ハ総(スベ)テ繁(シゲ)キヲ去リ、
簡(コトスクナ)ヲ取リ、便(ベン)ニツキ不便ヲヲク、固(モト)ヨリ
論(ロン)ヲ待(マタ)ズ、目撃シテ知(シ)ルベキナリ、佩(ハイ)刀(トウ)
ハ以テ國(クニ)ノ威風(イフウ)トシ、強(ツトフ)メテ剛(ゴウ)刀(トウ)ヲ帯(オビ)
シモ、廃(ハイ)刀(タウ)勝手(カツテ)タルノ御布告アレハ、一(イチ)
時(ジ)ニ其(ソ)ノ軽便(ケイベン)ヲ喜(ヨロコ)ビ、武人(フシン)モ佩(ハイ)刀(タウ)スル
ヲ見ス、散髪(チラシカミ)勝手(カツテ)タルノ御布告アレハ、
一時其愉快ヲ知リ、公子(レキレキ)モ束髪スルヲ
見(ミ)ズ、洋服(ヨウフク)肉食(ニクショク)ニ至(イタ)リ候テモ、皆(ミナ)然(シカ)リ、
今般更(サラ)ニ旧来ノ陰暦(ツキノコヨミ)ヲ改メ、陽暦(ヒノコヨミ)ヲ
相用候ハ、全(マツタ)ク内國(ナイコク)ノ旧(キウ)面目(メンボク)ヲ改(アラタ)メ、
真(シン)ノ大改正(ダイカイセイ)被為在候ナリ、茲(ココ)ニ於(ヲイ)テ、
人民モ亦(マタ)散髪(サンパツ)シテ其御趣意ヲ奉(ホウ)
シ、早(ハヤ)ク開化(カイカ)ニ進(スス)ムコソ方今(ホウコン)ノ民(タミ)タルニ
ソムカズ、夫束髪ハ之ヲ束ヌルニ油(アブラ)元結(モトユイ)
ノ費(ツイヘ)アリ、又之ヲ理(オサ)ムルニ時間ヲ費ス、
散髪ハ其費ナキノミナラス、蒸気(ジョウキ)ヲ閉
塞スルノ害(ガイ)ナク簡易(カンイ)軽便(ケイヘン)の利(リ)束髪(ソクハツ)
ノ如キニアラス、依テ京坂ハ勿論(モチロン)其以東(イトウ)ノ
縣々多ク散髪(サンハツ)ノ布告(フコク)アリ、人民(ジンミン)一般(イツパン)之
ヲ奉シ、其(ソノ)簡易ヲ知(シ)り其軽便ヲ喜(ヨロコ)ヒ
多ク皆(ミナ)散髪ス、今ヤ當(トウ)管内北邉(カンダイホクヘン)ノ
一隅(イチグウ)ニアリ、其民タルヤ開化(カイクワ)日新(ニッシン)ノ風(フウ)ニ
進(スス)マス、或(アルイ)ハ姑息(コソク)ニ安(ヤスン)シ、或ハ因循(インヂュン)ニ慣(ナ)レ、
遅疑(チキ)遷延(センエン)時様(ジヨウ)ニ後(オク)レ、開化(カイクワ)ノ民ニ先
タヽルヽ、敢テ一歩(イッポ)ノミナラス、然リト雖トモ、旧(キウ)
暦(レキ)ヲ改(アラタム)ルノ今日ニ至リテハ聊(イササカ)モ他(タ)民(ミン)ニ
譲(ユヅラ)ラス、実(ジツ)ニ井(セイ)蛙(ア)ノ陋(ロウ)見(ケン)ヲ敗(ヤブ)リ、旧弊(キウヘイ)
顧慮(コリョ)ノ念(ネン)ナク、断然(タンゼン)散髪(サンパツ)可致(ヘキイタス)モノ也、
右之趣各小区末々迄無洩相違
モノ也
 壬申十一月十六日
     敦賀縣参事藤井勉三
     敦賀縣参事寺島直

 明治初期の敦賀県は散髪奨励にたいへん力を入れており、地域では拒否する人をとらえて無理やり髪を断つこともあった。
 しかし、散髪の奨励は実効をともなわないばかりか地域では散髪を行う者を誹謗する向きさえみられた。ある者が家内の理解をえられず散髪が原因で離縁放逐されたという暗に散髪奨励を非難するうわさ話も広がっていたようである。
 そこで、1873年(明治6)2月に新敦賀県は散髪の徹底を区長や戸長に強くせまり、旧敦賀県の管轄下にあった今立・南条郡では、区長が戸長に散髪を拒む者の名簿を差し出すよう命じている。同年3月には戸長による散髪の強制がついに今立郡の一揆を触発することになった。
 新敦賀県における散髪の普及度は、おおよそ士族で九割以上、商工民で一割、農民で一分以下であったという。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館のデジタルアーカイブで「散髪説諭」を検索。
 該当する資料は福井県報の「散髪説諭」であった。
2.『くずし字用例辞典 普及版』で資料を翻刻。
 一部読み方等で難解の部分はあったが、全て翻刻できた。
3.関連する書籍を調査。
 いくつかの書籍に「散髪説諭」について書かれた部分があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
福井県編 , 福井県. 図説福井県史. 福井県, 1998-02.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000074-I000208415-00 , ISBN 4938772108
福井県 , 福井県 編. 福井県史 通史編 5 (近現代 1). 福井県, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002618239-00 , ISBN 4938772043
児玉 幸多/編. くずし字用例辞典. 近藤出版社, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I053540881-00 , ISBN 9784772506540
キーワード
(Keywords)
散髪説諭
文明開化
敦賀県
福井県報
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000229174解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!