このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 (5400002)管理番号
(Control number)
A0190
事例作成日
(Creation date)
2014年02月10日登録日時
(Registration date)
2015年03月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年02月14日 00時42分
質問
(Question)
現代社会の諸問題から各自テーマを選び、自分の考えをスピーチ原稿にまとめるための資料がほしい。(中学1年・国語)
回答
(Answer)
多い調査テーマ: 食 環境 原発 エネルギー 防災 英語教育 ネット社会 日本文化 ことば 医療 介護 いじめ 貧困 格差社会 ・・・それらをふまえて、下記の資料を紹介。

『現代用語の基礎知識』自由国民社 年刊
自分のテーマが漠然としているときは、年刊の資料をまずすすめてイメージをつかんでもらう。
『日本の論点』文芸春秋 『朝日キーワード』朝日新聞社 
雑誌『ニュースがわかる』『ジュニアエラ』や 『毎日中学生新聞』『切抜き速報』なども。

『こども・若者白書』 内閣府 年刊  
基礎知識として白書の存在を知ってもらいたい。「難しいなぁ」というときは一緒に目次や索引をひいてみる。 有効データがみつかったら出典をみて統計書なども紹介。

『くらべてわかる世界地図』シリーズ 大月書店 2004
ビジュアルな地図と巻末の出典紹介が初学者にもひと目でわかりやすい。
類書も多数あり『子どもと健康の世界地図』丸善 のシリーズなどもよく利用される。

方向が定まってきたら、蔵書検索し分類から書棚を眺めたり、岩波ジュニア新書などを紹介してみる。 
関連する新聞記事を読んだり新聞縮刷版や記事データベースで拾っていく方法もある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会学  (361)
教育課程.学習指導.教科別教育  (375)
ジャーナリズム.新聞  (07)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
社会問題
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
東京学芸大学「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
A0190中学1年 国語事例
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000168762解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!