このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司-2010-03
事例作成日
(Creation date)
2008年11月27日登録日時
(Registration date)
2010年12月17日 11時22分更新日時
(Last update)
2015年04月20日 11時16分
質問
(Question)
日本の三大美人とは誰か知りたい。
回答
(Answer)
『尊卑分脈(脉)』に、藤原道綱母が「本朝第一美人三人内也」との記述があり、『尊卑分脈』成立時には道綱母が本朝三美人の一人と言われていたらしい。しかし他の二人が誰なのかまでは不明。
江戸時代には、明和三美人、寛政三美人などがある。
回答プロセス
(Answering process)
『尊卑分脈』では、道綱母の記述があることは確認できたが、他の二人についても記述があるのかどうかまでは調べきれなかった。インターネット上では、他の二人について小野小町、額田王、光明皇后、衣通姫など様々な説が見られたが由来は不明である。
江戸時代には、鈴木春信の浮世絵に描かれた笠森お仙と 柳屋お藤、蔦屋およしが江戸三美人(明和三美人)として、喜多川歌麿に描かれた富本豊雛、難波屋おきた、高島おひさが寛政三美人 (当時三美人、高名三美人)としてもてはやされた。
『名数数詞辞典』では、152pに「三美婦 さんびふ 日本古・中世の代表の美女三人。光明皇后・衣通姫(そとほりひめ)(允恭天皇妃)・右大将道綱の母(東三条入道関白兼家の室)」という記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (21)
伝記  (28)
風俗習慣.民俗学.民族学  (38)
参考資料
(Reference materials)
『新訂増補国史大系 第58巻-第60巻 上下 尊卑分脈』黒板勝美編、国史大系編集会編、1987
『原色日本の美術 第17巻 浮世絵』菊地貞夫、小学館、1968
『国史大辞典 第3巻』吉川弘文館、1982
『名数数詞辞典』東京堂出版、1980
キーワード
(Keywords)
三大美人
三美人
名数
藤原道綱母
美人
三美婦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
NDCは、049雑学(NDC9)も該当する。

元事例の登録番号:1000050723
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教職員
登録番号
(Registration number)
1000075471解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!