このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000184469
提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2015-43
事例作成日
(Creation date)
2015年10月02日登録日時
(Registration date)
2015年11月26日 17時49分更新日時
(Last update)
2015年11月26日 17時49分
質問
(Question)
白石温麺が特産物になった経緯がわかる資料はありますか
回答
(Answer)
水が良かった,気候が適している,など諸説あります
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料コーナーをブラウジングし,数種類の資料から以下の2つを紹介する。

調査資料1のp549-684に奥州白石温麺史の項があります。
p551-554に温麺の創製者の項があり,16世紀末(元禄年間)
に白石城下に住む鈴木浅右衛門(のちの味右衛門)によって
油を混ぜない素麺を作り出されたのが始まりであることが
書かれています。
また同資料のp557-566に地理的背景の項があり,以下の記述があります。
「盆地形成-高燥地帯-ほまち風-豊かな水の流れ-など,
気象と天候と地域環境が自然発生的に白石温麺を生み,そして,
はぐくみ育てたのである。」

調査資料2のp21に白石市の主要な産物としての温麺について
以下の記述があります。
「(前略)こうして温麺は白石の特産として,各地に知られるようになり,
文久3年には温麺が,物産額第3位になるなど,その生産が盛んに
なってくる。このような,生産増大のもう一つの要因に水車がある。
白石は町内の至るところに用水掘がめぐっており,白石川より導水
した水が豊かに流れている。この流れを利用し,水車による精米と
製粉が行なわれていた。江戸時代の最盛期には町内に100ヶ所以上
もの水車があって,温麺製造の大きな要素になっていた。(後略)」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 白石市史 2 特別史(上) 白石市史編さん委員 白石市 1972
調査資料2 白石の民具 白石市文化財調査報告書第14号 白石市教育委員会 1975
キーワード
(Keywords)
特産物
白石うーめん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
電力によらない製粉技術によって普及し,今も地域の特産物である白石温麺。

各地の特産物のはじまりを調べるきっかけとして,まず地元の特産物の成立
について,その調査プロセスを生徒に示すと良い学習教材になり得ることも。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000184469解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!