このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2015-54
事例作成日
(Creation date)
2015年06月30日登録日時
(Registration date)
2015年12月16日 13時37分更新日時
(Last update)
2015年12月16日 13時37分
質問
(Question)
カエルには猛毒を持つ種類もある,と聞いた。どんなカエルなのか。
また,日本にはそのようなカエルは生息しているのか。
回答
(Answer)
ヤドクガエル科に属するものが毒を持つようです。鮮やかな色をしているようです。
日本には,ほぼ生息していないようですが,もし見つけたとしても触らないほうが良い
とされています。
回答プロセス
(Answering process)
生物のコーナーをブラウジングし,調査資料1,2をじっくりと精読しました。

調査資料1p198-p199に「キイロフキヤガエル」の項があり,以下の記述があります。
「この驚くほど美しいカエルは,世界で最も毒性の強い動物であり,他のヤドクガエル
の20倍も毒性が強い。1匹のカエルは最高1,900マイクログラムの毒を出し,たった
200マイクログラムで人を殺すと考えられている。本種にちょっと触れるだけで,深刻な,
生命にもかかわる反応が起こり得る。(後略)」
この他にも,同じヤドクカエル科にヒイロフキヤガエル,ミイロヤドクガエル,
コバルトヤドクガエルなどが掲載されています。

調査資料2p29-p32に「カエル目」の項があり,コバルトヤドクガエルなど絶滅危機にある
カエルについてその生態などが掲載されています。

Web情報として,検索エンジンで「ヤドクガエル 毒性」で検索し,調査資料3の情報を
得ました。

調査資料3ではヤドクガエルのプロフィールや,コバルトヤドクガエルの写真を見ることができるほか,
なき声を再生することもできるようになっている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 世界カエル図鑑300種 クリス・マチソン ネコ・パブリッシング 2008
調査資料2 新 世界絶滅危機動物図鑑5 爬虫・両生・魚類 学研 2012
調査資料3 ナショナルジオグラフィック日本版サイト Webナショジオ 動物大図鑑 ヤドクガエル
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141218/429035/?ST=column
(最終アクセス日:2015/12/16)
キーワード
(Keywords)
両生類
両棲類
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000185686解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!