このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
凸版印刷株式会社印刷博物館ライブラリー (4310008)管理番号
(Control number)
PML20101105-01
事例作成日
(Creation date)
2010年11月05日登録日時
(Registration date)
2014年09月23日 15時52分更新日時
(Last update)
2014年11月13日 09時30分
質問
(Question)
波々伯部金洲(ははかべきんしゅう)について
*石版画家(1862-1930)。本名捨四郎。明治から大正にかけて、三間印刷の画工として、三越呉服店の美人画ポスターを多数手がける。姓のヨミは諸説あり。
回答
(Answer)
『描かれた明治ニッポン-石版画の時代』展図録
 p.258 (作家紹介)*波々伯部捨四郎 (岩切信一郎氏執筆)
  明治15年頃までは、「奥村」姓を、明治16年頃から明治18年頃にかけて「大島」姓を名乗っており、
  明治18年「石版技手人名鏡」には「大島捨四郎」の名で記載されていることなどが書いてある。

『日本版画変遷史』p.757-759 *波々伯部捨四郎 で表記

『日本美術年鑑 明治44年(1911年)』p.66 *ホウカベとルビあり、「ホ」の項

『日本印刷界』112号(1919年2月)
 p.41 雑報「波々伯部画伯の移転 波々伯部金洲氏は今般東京市牛込区市ヶ谷町21番へ移転せり」
回答プロセス
(Answering process)
当館OPACで「波々伯部」で検索、ヒットが少ないので、石版画史が載っている文献にあたる。

質問者が研究者なので、雑報等の細かい文献も念のため提供。

×大日本工業教育会編『工場百物語』(大日本工業教育会 1917年)
  p.160「監督官の嘆賞」は三間印刷所の美人広告のことを書いているが、波々伯部金洲については言及無し。
事前調査事項
(Preliminary research)
既知文献:『諸星千代吉商店四十年史』(諸星千代吉商店 1932)
当館の「美人のつくりかた-石版から始まる広告ポスター」展の担当学芸員からは既に話を聞いている
NDC
石版画[リトグラフ]  (734 9版)
参考資料
(Reference materials)
諸星千代吉商店. 諸星千代吉商店四十年史. 諸星千代吉商店, 1932.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001571086-00  (B4-5-Mo75)
印刷博物館. 「美人のつくりかた-石版から始まる広告ポスター」展図録. 凸版印刷印刷博物館, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008602120-00  (S960-07-1-I57)
河野実/編 , 森登/編 , 大島寛子/編 , 河野実. 描かれた明治ニッポン : 石版画〔リトグラフ〕の時代. 描かれた明治ニッポン展実行委員会, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I044629678-00  (S723-E28)
島屋政一 著 , 島屋, 政一. 日本版画変遷史. 大阪出版社, 1939.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000730061-00  (S701-Sh44)
日本美術年鑑編纂部 編. 日本美術年鑑 第1巻(明治43年度). 画報社, 1911.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001830827-00
日本印刷界 (112). 日本印刷界社, 1919-02.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I000216005-00  (登録番号:60028262)
キーワード
(Keywords)
波々伯部金洲
波々伯部捨四郎
三間印刷所
三越呉服店ポスター
石版画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000160163解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!