このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
紙の博物館図書室 (4210001)管理番号
(Control number)
0515001
事例作成日
(Creation date)
2005/05/15登録日時
(Registration date)
2005年06月01日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年10月25日 15時48分
質問
(Question)
新聞紙の寸法は美濃判から由来するのか
回答
(Answer)
概ね美濃判の系統。江戸時代の和紙の寸法には半紙判と美濃判の2大流があった。明治に輸入洋紙が入り、その寸法が在来の寸法と折衷される。一時期、半紙系の菊版半裁の寸法(155×210分)などが平版の新聞紙として使われたが、輪転機の導入により、現在の大きさ 180×268分(546×813mm)に統一される。 これは美濃判(90分×130分)の八倍大の大きさ 大八つ判を半裁したもの。 尚1分は0.303cm。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ジャーナリズム.新聞  (070 9版)
参考資料
(Reference materials)
明治前期の新聞紙 渡辺勝二郎著 「百万塔」85号 紙の博物館 1993
キーワード
(Keywords)
新聞紙 新聞用紙 美濃判 和紙 規格
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000021966解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!