このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2019-08
事例作成日
(Creation date)
2020年03月01日登録日時
(Registration date)
2020年03月19日 11時28分更新日時
(Last update)
2020年03月19日 11時29分
質問
(Question)
江戸時代に日本でオーロラが観測された記録はあるか。
回答
(Answer)
『書物學 第9巻 江戸の欲望/江戸という欲望』(【資料1】)によると、18世紀後半に著された『猿猴庵随観図会』や『星解』にオーロラの図版が描かれており、江戸時代にも日本でオーロラが観測されたことがあるとしています。
 古典籍にはオーロラは「赤気」などの語で書かれていることが多いようですが、単に赤気と記されていても、それが本当にオーロラであったかは吟味が必要です。赤気について書かれた史料とその記述は、『日本の気象史料 2 雷・旋風ほか』(【資料2】)や『近世日本天文史料』(【資料3】)で調べることができます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 10版)
日本史  (210 10版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『書物學 第9巻 江戸の欲望/江戸という欲望』(勉誠出版 平成28年11月1日 0205 / 001 /0009)p.36-43
【資料2】『日本の気象史料 2 雷・旋風ほか』(中央気象台・海洋気象台/編 原書房 昭和51年7月20日 4519 / 009 /0002)p.685-698
【資料3】『近世日本天文史料』(大崎正次/編 原書房 平成6年2月26日 4402 / 005 /094)p.583-596
キーワード
(Keywords)
オーロラ
極光
赤気
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
<関連リンク>

国立極地研究所  https://www.nipr.ac.jp/index.html
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000276040解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!