このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2017-05
事例作成日
(Creation date)
2017年6月1日登録日時
(Registration date)
2016年08月14日 16時00分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時40分
質問
(Question)
東京都内で一番古い橋はどれか。
回答
(Answer)
現在も道路橋として使用されていることを前提とすれば、明治44(1911)年に現在の姿となった日本橋ということになるでしょう。しかし、車両が通らない橋も含むと、明治10(1877)年の常磐橋、明治11(1878)年の八幡橋(旧弾正橋)などがあります。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】『東京人』 (2007.8)によると、常磐橋は明治10(1877)年に架けかえられた。「明治新政府に雇われた肥後の石工たちが手がけた江戸橋、万世橋などの石造橋のうち唯一現存する橋」だが、【資料2】『東京の橋 水辺の都市景観』によると、「都内に現存する唯一の石造アーチ橋」「橋は現在、道路橋として使われておらず、常磐橋公園への歩行者専用橋になってる」。同じく【資料2】によると、「明治期竣工の橋のうち、移築されずに当初の場所で昔と同じ姿で、現役の道路橋として活躍しているのは日本橋だけとなる」。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682 9版)
橋梁工学  (515 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『東京人』 第22巻第9号,no.243(2007.8)  都市出版 2007年8月3日 p.92
【資料2】『東京の橋 水辺の都市景観』伊東孝/著 鹿島出版会 1986年12月20日 5150/4/86 p.51-52
キーワード
(Keywords)
橋梁
日本橋
道路橋
近代建築
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
東京都道の相談室(東京都建設局)  http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/inquiry/index.html  (2017/6/16確認)

日本橋(文化遺産オンライン)  http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/147271  (2017/6/16確認)
日本橋架橋百周年(まち日本橋)  http://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/feature/201104/  (2017/6/16確認)
常磐橋(千代田区観光協会)  http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/654/Default.aspx  (2017/6/16確認)
旧弾正橋(八万橋)(文化遺産オンライン)  http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/121364  (2017/6/16確認)
「わが国最初の国産鉄の構造物 八幡橋(元弾正橋)」木村麗((財)建材試験センター)  http://www.conso.jp/pdf/techno/archives/a0301.pdf  (2017/6/16確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000195850解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!