このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
東京国立近代美術館アートライブラリ (4110009)管理番号
(Control number)
honlib-2016-007
事例作成日
(Creation date)
2016/6/16登録日時
(Registration date)
2016年06月16日 16時36分更新日時
(Last update)
2017年07月13日 11時37分
質問
(Question)
東京国立近代美術館で1955年8月に開催された《現代日本の書・墨の芸術 : ヨーロッパ巡回展覧作品 : 国内展示会》がヨーロッパのどこに巡回したのか、詳細を知りたい。できれば、ローマでの展覧会について特に詳しく知りたい。
回答
(Answer)
【資料9】に、以下のことが掲載されている。
オランダ・アムステルダム市立ステデリック美術館 1955.12.2-(1ヶ月間)
スイス バーゼル・クンスト・ハーレ 1956.2.18-(1ヶ月間)
フランス パリ、チェルヌスキー美術館 1956.5.11-(1ヶ月間)
ドイツ ハンブルグ、工芸美術館 1956.8.12-9.9, フランクフルト 1956.8.12-9.9, ベルリン 1953.9.20-10.15
イタリア ローマ、国立近代美術館 1956.11

ローマのことについては、【資料9】の後の号に掲載されている可能性があるが、当館所蔵の号には見当たらなかった。
当館の欠号を所蔵している国立新美術館のアートライブラリを紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
該当の展覧会カタログ【資料1】には、ヨーロッパを巡回するという記載しか見当たらず、それ以上のことは書かれていなかった。

当時の国立近代美術館年報【資料2】、国立近代美術館ニュースである『現代の眼』【資料3】、それから『東京国立近代美術館60年史』【資料4】を見てみる。

【資料3】により「オランダのアムステルダム市立美術館を皮切りにヨーロッパ各地を巡回」したことがわかった。

【資料4】《現代日本の書・墨の芸術》展についての記載では、巡回の詳細は書かれていないが、展覧会評が掲載されている書誌が判明した。
そのうちの一つ『書品』【資料5】p.2-4に、ヨーロッパ、アムステルダム市立美術館、スイスのバーゼル、ベルギーのブラッセル、西ドイツのハンブルク、ローマ、パリの近代美術館あたりで開催したいと語られている。

OPACで「現代日本の書・墨の芸術」を検索すると、『墨美』55号【資料6】の記事が見つかる。
「オランダ・アムステルダム市立ステデリック美術館, 1955年12月24日より1ヶ月」
「その他の巡回展 2月18日より1ヶ月間:スイス・バーゼル, 5月2日より6月2日:パリ・セルヌスキ美術館, 約1ヶ月間:ドイツハンブルグ, 約1ヶ月間:ドイツ・フランクフルト, 9月頃(約1ヶ月):イタリヤ・ローマ」ということがわかった。

当時の美術手帖【資料7】に、《現代日本の書・墨の芸術》展についての記事で、「ヨーロッパ各地を巡回展覧する予定だそうだが、外国側の受入れ体制が必ずしも明確でないので、大体巡回展を予想してのそれに先だつ国内展示というところ」と書かれている。
国立近代美術館で開催された時点では、ヨーロッパの巡回先がまだ決定していなかったことが判明。

『墨美』の主幹である森田子龍は、該当の展覧会にも出品し、【資料1】の展覧会カタログの編集もしているので、『墨美』に引き続きの記事が掲載されているかもしれないと予想し、【資料6】の後の号を見てみる。、【資料8】、【資料9】が見つかった。

【資料9】に、以下のことが掲載されていた。
オランダ・アムステルダム市立ステデリック美術館 1955.12.2~(1ヶ月間)
スイス バーゼル・クンスト・ハーレ 1956.2.18-(1ヶ月間)
フランス パリ、チェルヌスキー美術館 1956.5.11-(1ヶ月間)
ドイツ ハンブルグ、工芸美術館 1956.8.12-9.9, フランクフルト 1956.8.12-9.9, ベルリン 1953.9.20-10.15
イタリア ローマ、国立近代美術館 1956.11
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】森田子龍編集. 現代日本の書・墨の芸術 : ヨーロッパ巡回展覧作品 : 国内展示会. 墨美出版社, 1955. (当館請求記号 CG||NMA1||25, 当館資料番号 140000458)
【資料2】国立近代美術館年報 昭和27-30年 p. 103 (当館請求記号 MA||NMA1)
【資料3】現代の眼 9号 (1955年8月) p. 8 (当館請求記号 MN||NMA1)
【資料4】東京国立近代美術館60年史. 東京国立近代美術館, 2012. p. 231 (当館請求記号 MP||NMA1||2012, 当館資料番号 110011740)
【資料5】欧州巡回書展を語る. 書品 64号(昭和30年11月) p. 2-66 (当館請求記号 ZW||シ)
【資料6】ヨーロッパ巡回 現代日本の書・墨の芸術 会場風景. 墨美 55号 (1956年6月) p. 16-20 (当館請求記号 ZW||ホ)
【資料7】展覧会案内 国立近代美術館. 美術手帖 99号(1955年9月) p. 32 (当館請求記号 ZW||ヒ)
【資料8】今泉篤男. 書のヨーロッパ展を見て. 墨美 56号 (1956年7月) p. 32 (当館請求記号 ZW||ホ)
【資料9】ヨーロッパ巡回 現代日本の書・墨の芸術展の反響. 墨美 58号 (1956年9月) p. 17-25 (当館請求記号 ZW||ホ)
キーワード
(Keywords)
現代日本の書
墨の芸術
国立近代美術館
墨美
森田子龍
森田子竜
今泉篤男
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000193477解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!