このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20140205-9
事例作成日
(Creation date)
2014年02月05日登録日時
(Registration date)
2014年02月05日 15時03分更新日時
(Last update)
2014年02月06日 00時02分
質問
(Question)
「じゅんさい」について知りたい。
回答
(Answer)
蓴菜 【ジュンサイ】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E8%93%B4%E8%8F%9C (2014/02/05確認)
デジタル大辞泉
じゅん‐さい【×蓴菜】
スイレン科の水生の多年草。池沼に生え、葉は長さ約10センチの楕円形で長い柄をもち、水面に浮かぶ。若芽や新葉は表面に寒天様の粘液を多く分泌する。5、6月ごろの若芽・若葉は食用となり、珍重される。ぬなわ。《季 夏》「―を里人知らぬ古江かな/乙字」

大辞林 第三版
じゅんさい【蓴菜】

スイレン科の多年生水草。池沼に自生。茎は泥中の根茎から長く伸び,楕円形の葉を互生。夏,水上に花柄を出して暗紅紫色の花を開く。茎・葉にぬめりがあり,若い芽・葉を食用にする。蓴。古名ヌナワ。 [季] 夏。

〔ぬめりをもつことから,それにたとえていう。近世上方語〕 ぬらりくらりと,どっちつかずであること。 「こなさんがた-とはなぜに言ふえ。はておまへ追従ばかり言ふて,あちらでもこちらでもぬらりぬらりといふ心じやわいのう/浮世草子・旦那気質」

日本国語大辞典
じゅん‐さい 【蓴菜】
〔名〕
〔一〕スイレン科の水生多年草。各地の古い池沼に生える。泥中の根茎から長い茎をのばし水面に葉を浮かべる。葉は楕円状楯形で長さ五~一〇センチメートル。若い茎と葉は粘り気のある寒天質に包まれている。夏、葉腋(ようえき)から花柄を出し、六花被片をもつ淡紅色の小さな花を開く。若芽は食べられる。漢名、蓴。ぬなわ。学名はBrasenia schreberi 《季・夏》
〔二〕(形動)蓴菜の若葉がぬるぬるしていて、はしではさみにくいところから、それにたとえて上方でいう。
 (1)ぬらりくらりしていること。どっちつかずであること。不得要領なこと。また、その人やさま。
 (2)((1)から転じて)いいかげんなこと。でたらめなこと。誠意のないこと。薄情なこと。また、そのさま。
【方言】
(7)無邪気でかってなさま。《じゅんさい》 兵庫県淡路島671
(8)人の言いなりになるさま。従順。《じゅんさい》 和歌山県那賀郡696 日高郡698

大阪ことば事典 / 牧村史陽編 新版 講談社 , 2004 406212386X
p.324 ジュンサイ【蓴菜】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般植物学  (471 9版)
方言.訛語  (818 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
水草 睡蓮科
蓴菜 じゅんさい ジュンサイ ぬなわ
方言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000148892解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!