このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000171441
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2015-008
事例作成日
(Creation date)
20150420登録日時
(Registration date)
2015年04月24日 15時39分更新日時
(Last update)
2016年11月16日 17時42分
質問
(Question)
遍歴学生(ゴリアルディ)の英語またはドイツ語の資料を探している。

できれば1990年以降に発表されたもので、歴史学に関係のある資料。
遍歴学生の移動の実態がわかるものがよい。
回答
(Answer)
下記のような資料が見つかりました。

図書
(本学所蔵資料)
・Cobban,Alan B. The medieval universities. Methuen; distributed by Harper & Row, Barnes & Noble Import Division, 1975, x, 264 p.p.
(p.166に“Goliard”に関する記述があります。ページ下に参考文献としてH. Waddell“The Wandering Scholars”(London, 1954)が挙がっています。)

・Schachner,Nathan. The mediaeval universities. Perpetua ed. A.S. Barnes & Co., 1962, viii, 388 p.p.(Bibliography: p. 377-380)
(p.363-370 ChapterXXXVII “The Goliards”に詳細な記述があります。移動やその終焉についてなど、歴史的記述も見られるようです。この本でも上記H. Waddell“The Wandering Scholars”が引用文献として挙げられています。)

・Haskins,Charles Homer. The rise of universities. Cornell University Press, c195, xi, 107 p.p. (p.83-89に“Goliard”に関する記述があります。)

・Waddell,Helen. The wandering scholars. Penguin Books, 1954, 320 p.p.(注記:Originally published, Constable, 1927)

(学外所蔵資料)
・David E. Wellbery, editor-in-chief ; Judith Ryan, general editor ; Hans Ulrich Gumbrecht ... [et al.], editors. A new history of German literature. Mass. : Belknap Press of Harvard University Press , 2004. xxv, 1004 p. : ill. ; 26 cm
p.66-70.にSean Ward. The Archpoet and Goliard Poetry.とあります。
※Google Books でp.66-69は閲覧できます。
http://books.google.co.jp/books?id=kRWthlOI_34C&ie=ISO-8859-1&source=gbs_ViewAPI&redir_esc=y  (一部閲覧可)[2015-4-17参照]
CiNii Books : http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA74771576  [2015-4-17参照]

・Cordie Ansgar M..Raum und Zeit des Vaganten : Formen der Weltaneignung im deutschen Schelmenroman des 17. Jahrhunderts. Walter de Gruyter, 2001, p. xii, 632 p.(注記:Includes bibliographical references and index)
Google Books :
http://books.google.co.jp/books?id=hZ8W30GyDkgC&pg=PA593&hl=ja&source=gbs_toc_r&cad=3#v=onepage&q&f=false  (一部閲覧可)[2015-4-17参照]
CiNii Books : http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA54904666  [2015-4-17参照]

・Schubert Ernst.Fahrendes Volk im Mittelalter. Verlag für Regionalgeschichte, 1995, p. xii, 497 p.
http://tocs.ulb.tu-darmstadt.de/46078118.pdf  で目次がPDFで見られます。[2015-4-17参照]
CiNii Books : http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA28853604  [2015-4-17参照]

(関連論文)
・長友 雅美. Die Geschichte der deutschen Studentenlieder von Carmina Burana bis zum Gaudeamus igitur. 国際文化研究科論集. 2001, vol. 9, p. 61-80.
http://ci.nii.ac.jp/els/110004812079.pdf?id=ART0007539370&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1429242167&cp=  [2015-4-17参照]

その他、外国語文献の調査手段として、下記データベースをご紹介します。
・HathiTrust Digital Library
  http://www.hathitrust.org/  [2015-4-22参照]
・Internet Archive
  https://archive.org/index.php  [2015-4-22参照]
・ingentaconnect
  http://www.ingentaconnect.com/  [2015-4-22参照]
回答プロセス
(Answering process)
1.「遍歴学生(ゴリアルディ)」について辞書類で調査。
・本学契約データベース「ジャパンナレッジ Lib」『デジタル版集英社世界文学大事典』
”「ゴリアルディ」:[ラテン]goliardi,clerici vagantes「放浪学僧。12,13世紀に活躍した,大学の学生で下級聖職者でもあった知識人,詩人の集団を言う。…(中略)…その代表的な存在がアルキポエータであり,またこれら放浪学僧たちの詩を集大成したのが,中世ラテン詩を代表する作品の一つである『カルミナ・ブラーナ』である。”

2.CiNii Articlesなど
キーワードを「ゴリアルディ」や「ゴリアルド」などとして検索
→目的のものが得られなかったため、キーワードを「アルキポエータ」や「カルミナ・ブラーナ」として検索。

・別宮 貞徳. 12世紀ルネサンスにおける抒情詩の巨匠「アルキポエータ」--その技巧と性格. ソフィア. 1963, vol. 12, no. 1.
p.28に”放浪書生……彼らはまたゴリアルディ(Goliardi)とも呼ばれる”とあり、その注に”ラテン語でVagantes あるいはClerici vagi 英語では the Wandering Scholars という”とある。

・ノサック ハンス・エーリヒ, 香月 恵里. 文学を教えることは可能か. 岡山商大論叢. 2006, vol. 42, no. 2, p. 126-190.
p.122の注に
”ヴァガント 中世に各地を遍歴していた学生・詩人・下級聖職者”
”ゴリアルディ 十二・十三世紀に各地を遍歴していた学僧の集団。陽気で活力に溢れたラテン語詩を作った。その集大成が『カルミナ・ブラーナ』である。”とあり。

・丑田 弘忍. 「カルミナ・ブラーナ」について (1). 中京大学教養論叢. 1974, vol. 15, no. 1, p. 135-159.
“Vagant(en)”,“Goliardi” などについての説明がある。
p.135~136”旧来Vagantenはしばしばgoliardiとも呼ばれてきた……Vagantenとgoliardiの厳密なる区別は不可能と思われ、同一視して妥当であろう。
では一体Vagantenの特質とは何であろうか。……彼らは神学や哲学の充分な教養を身につけていた学生僧である。Vagantenの発生はヨーロッパにおける大学の勃興と共に始まり、……中世文化の最も昂揚した時代に彼らの活躍も顕著になった。”


3.上記資料(参考文献)やキーワードなどをもとに、本学OPAC, 本学統合検索システム(DOGS Plus), CiNii Books, CiNii Article,Google Booksなどで検索し、利用者に紹介した資料を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
日本語の論文は入手している。
文学や音楽(カルミナ・ブラーナ等)の資料は特に必要ない。
NDC
ラテン文学  (992 9版)
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 9版)
参考資料
(Reference materials)
別宮 貞徳 , 別宮 貞徳. 12世紀ルネサンスにおける抒情詩の巨匠「アルキポエータ」--その技巧と性格. 1963-06. ソフィア 12(1) p. ????
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I741870-00  ( http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/1010/1/200000010063_000244210_25.pdf [2015-4-22参照])
Hans Erich Nossack , 香月 恵里 訳 , Hans Erich Nossack , 香月 恵里. 翻訳 ハンス・エーリヒ・ノサック 文学を教えることは可能か. 2006-11. 岡山商大論叢 / 岡山商科大学学会 [編] 42(2) p. 126~90
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I8573683-00  ( http://ci.nii.ac.jp/els/110006390273.pdf?id=ART0008388496&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1429595788&cp= [2015-4-22参照])
丑田 弘忍 , 丑田 弘忍. 「カルミナ・ブラーナ」について-1-. 1974-05-00. 中京大学教養論叢 / 中京大学教養論叢編集委員会 編 15(1) p. 135~159
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I441894-00  ( http://ci.nii.ac.jp/els/110004642170.pdf?id=ART0007358580&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1429858260&cp= [2015-4-22参照])
長友 雅美 , 長友 雅美. Die Geschichte der deutschen Studentenlieder von Carmina Burana bis zum Gaudeamus igitur. 2001. 国際文化研究科論集 / 東北大学大学院国際文化研究科図書・編集委員会 編(9) p. 61~80
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I6087399-00  ( http://ci.nii.ac.jp/els/110004812079.pdf?id=ART0007539370&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1429242167&cp=  [2015-4-17参照])
キーワード
(Keywords)
遍歴学生
Goliard
Goliardi
Vaganten
wandering scholars
clerici vagantes
ゴリアルディ
遍歴学僧
Studentenlieder
中世
大学史
Carmina Burana
カルミナ・ブラーナ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000171441解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!